日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 教育番組に西川貴教加入の残念感

NHK『おかあさんといっしょ』西川貴教加入の“残念感”新キャラは「子どもには好評」なのに……

 NHK Eテレで放送中の幼児向け長寿帯番組『おかあさんといっしょ』の第13代目にあたる新しい着ぐるみキャラクターに、「かわいくない」と批判が相次いでいる。

 約5年間にわたり、番組内の人形劇に登場していたムテ吉、ミーニャ、メーコブを、今月4日に一新。現在は、気が強く奔放なウサギの女の子・チョロミー、内気でぽっちゃり体型のオオカミの男の子・ムームー、早口で怒ると臭い煙を出すロボットのガラピコがメーンとして登場している。

 しかし、放送開始早々ネット上では、母親たちから「かわいくない」「キャラの性格が好きになれない」といった不満が噴出。特に、ガラピコのくたびれたおじさんのような声に、拒否反応を示す母親が続出した。放送からもうすぐ1カ月がたとうとする今も、「一向に好きになれない」「我が子がこのキャラで育つのは残念」といった声は途切れない。

「今の子育て世代は、史上最強トリオと名高いじゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろりで育った『にこにこぷん』世代。前期のムテ吉、ミーニャ、メーコブは、キャラの性格が似ていることから『にこにこぷん』の再来ともいわれ、親からの支持も厚かった。無意識に元気な男の子、かわいい女の子、優しい男の子というトリオを求めている親世代に、今の変則的な構成はついていけない」(テレビ誌記者)

 一方で、新キャラは「子どもたちには好評」だという。

「今風の大きな目や、ロボットのコミカルな動きに、子どもたちの反応は上々だとか。しかし、受信料で制作している以上、親が子どもに見せたい番組でなければならない。NHK局内でも、今回のキャラ変更は“改悪”との声が上がっているそう」(同)


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

NHK『おかあさんといっしょ』西川貴教加入の“残念感”新キャラは「子どもには好評」なのに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

前田日明×瓜田純士、断絶の真相

 かつてはいがみ合っていた時期もあるが、10年ぶりに再会し、すっかり打ち解けた前田日明...…
写真