日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 虚言癖アイドルの悲しいウソ
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

「私はアイドルなんです」虚言癖アイドルの悲しいウソ

uso0428.jpgイメージ画像(Thinkstockより)

 誕生日まで1カ月を切りました。今月には31歳になります。金なし! 男なし! 若さなし!! 崖っぷち三十路グラドル、吉沢さりぃです。

 少し前の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、ダレノガレ明美さんが「私の偽物、ニセノガレがいる!」と話していましたが、そういえば昔、似たような子がいたなぁ~とふと思い出しました。今回は“虚言癖なアイドル”のお話です。
 
 私と彼女の出会いは、昔働いていたバイト先でした。当時、私はすでにグラドルとして活動していましたが、職場の人には伝えていませんでした。シフトがある程度融通が利くため、芸能活動をしている子が多い職場だったんですが、そこにある日、彼女が新人バイトとして入ってきたのです。お世辞にもかわいくはなく、今どきの化粧をしているなぁといった程度の印象でした。
 
 その後、彼女がアイドルをやっているといううわさが広まり、私を含め、周囲の人たちは驚きました。やれ今日は撮影だとか、やれレコーディングだとか言ってバイトを休み、渋谷や原宿は、マスクなしでは歩けないといったエピソードも自慢げに語ったりもします。私がグラドルをやっているぐらいだから、彼女も本当にアイドルなのだろうとは思っていたのですが、どうしても引っかかり、元マネージャーでアイドルオタだと正直に伝えて、彼女に近づいたのです。するとなぜか「吉沢さんには言いません!」と突っぱねられたのです。え……なんでだろ? ただほかの子には情報をすぐ流すので、彼女が“何者なのか”はすぐに判明しました。

「これ、あの子らしいんだけど……」

 そういって、バイトのリーダーが、YouTubeで某アイドルのライブ映像を見せてくれました。どれどれと、バイト仲間数人で画面をのぞき込んでみるものの、彼女らしき人物はいません。似ている人もいません。その後、結局、バイトリーダーの聞き間違えではないかという話になりかけたころ、事の真相が判明しました。

 どうやら彼女は「吉沢さんと、Aさん、Bさん(←どちらもタレント)には内緒ですよ!これが私です」と、バイトリーダーとほか数人にスマホでこの動画を見せたそうなのですが、そのときは画面が小さいせいもあって、大半の人たちはそれを見てもよくわからなかったようです。表示されているユニット名や曲名も、小さすぎて読み取れません。それでもみんなは「すごい人気だねー!」と、称賛しました。しかし、彼女にはひとつ誤算がありました。バイトリーダーには、ユニット名や曲名もすべて見えていたのです。そして、再度大きな画面で確認すると、まったくの別人だったため、びっくりしてみんなにも話したのでした。

「彼女が私だ!」と言い張るアイドルは、アイドルオタなら誰もが知る有名ユニットのセンターで、大手事務所所属の子でした。本物のアイドルがブログで撮影やレコーディングと書いている日に、彼女はバイトを休んでいました。ブログに書いてあるエピソードを、あたかも自分の話のように語っていたのです。

 バイト仲間は、最初こそ虚言が面白くていろいろちょっかいを出していたものの、だんだん彼女のことが気の毒になっていきました。

「アイドルになりたいけれど、なれない。今の自分の現状を受け入れられてないから、本気でまったくの別人を自分だと思い込んじゃっているんだろうね」

 私たちは痛々しい気分になって、詮索をやめることにしました。

 ところが数日後、私は彼女と居酒屋で大バトルを繰り広げてしまうのです。その日はバイトが休みの日で、バイト先のみんなで飲んでいました。そこに彼女が現れて、こう言ったのです。

「今日ライブなんですが、さぼって飲み会に来ましたぁ!」

 大丈夫なのかとみんなが心配する中、彼女は続けて話しました。

「ユニットには私の身代わりがいるんです。私はこのバイトをすごく大切にしているし、私が出れない時は身代わりが出るから大丈夫なんです! そういう契約なんです!」

 カチーンと、きました。それからの私は、周りが驚くほどの早口でまくし立てました。彼女の虚言についてはもうどうでもいいんですが、ただ芸能の仕事をわかってなさすぎるのがしゃくに障ったのです。

 仕事を一回断れば、もう次はオファーがないかもしれない。一度休んだら、もう呼ばれないかもしれない。アイドルは掃いて捨てるほどいます。本当に“代わり”なんていくらでもいるんです。だいたい、大手事務所が、いくら売りたい子がいても、その子の身代わりを立てて、本物がバイトで休みたいときは身代わりがライブに出るなんて話は聞いたことがありません。それに、ファンの人が気づかないわけがありません。双子ならまだしも、まったくの別人なんですから。
 
 周りからは「吉沢、言いすぎだよ」とたしなめられましたが、この調子でウソをついて陰で友達からバカにされたり、それこそ万が一、ユニットのファンや関係者にバッティングしたらどうするのかと考え、ここではっきり言っておいたほうが今後の彼女のためだとも思ったのです。

 彼女は、その後もいろんなウソをついていました。だんだん周りも相手にしなくなり、彼女はバイトを辞め、キャバ嬢になりました。

 そのお店のブログには「本業のアイドルユニットのライブで歌うより、お店で歌うほうが緊張するな」とつづっていました。その後、彼女はアイドルになれたんでしょうか? 彼女のことを考えると、なんだか胸が苦しくなってきます。

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネージャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/05/06 11:43

「私はアイドルなんです」虚言癖アイドルの悲しいウソのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

真空ジェシカ、尖り芸人じゃない?

誕生日まで1カ月を切りました。今月には31歳になります。金なし! 男なし! 若さなし!!...
写真