日刊サイゾー トップ > 芸能  > 泉谷しげるがベッキーを擁護

ベッキー擁護は「仁義」!? 泉谷しげるの“チンピラ”発言に批判殺到で復帰はさらに困難に

izumiya0509.jpg

「週刊文春」(文藝春秋)編集部に手紙をしたためたベッキーを「あざとい」などと批判したオリエンタルラジオの中田敦彦に対し、歌手の泉谷しげるが「同業者をフォローできないようなことは、言うべきではない」などと苦言を呈した。

 手紙でゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との恋愛関係を認めたベッキーのやり方について、中田は先月出演したテレビ番組で「手紙は、プライベートに奥さんに渡すとか、文春に渡すっていうためのもの。それが間接的に伝わることを狙ってるところは、あざとく感じちゃう」などと批判。これを受け、雨上がり決死隊の宮迫博之が別の番組で「臆測で、そんなひどいことをよう言うなあ、テレビで」「会ったら僕、(中田に)キレてやろうかと思ってる」などと反論した。

 この中田と宮迫の“場外戦”を伝えた8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、泉谷は宮迫に同調。「(ベッキーを)なるべく救ってあげたい。やっぱり、同業者は同業者を守らないと」と述べ、中田に対しては「ちょっと、余計なこと言ってるかなって感じ」「仁義に外れる」と苦言を呈した。

 これを受け、ネット上では「だまれ、じじい!」「同業者とか仁義とか、このチンピラみたいな考え方、なんなの?」「塩谷瞬の二股騒動の時は、ボロクソ言ってたくせに」と批判が殺到。また、「あっちゃんが干されないか、心配……」との声も見受けられる。

「中田への反論後、宮迫のTwitterが炎上したのに続き、泉谷もネット上で袋叩きに。さらに、別のテレビ番組で『(ベッキーは川谷の妻に)謝る必要ない』『(川谷の妻は)嫉妬深い女性』などとベッキーを擁護したデヴィ夫人も、ネットユーザーから反感を買っている。ベッキーを気づかうような発言をすれば、その芸能人もとばっちりを受けます」(芸能記者)

 7月にも、自身のレギュラー番組でテレビ復帰するとも伝えられているベッキー。だが、現状をうかがう限り、完全復活は難しそうだ。

「矢口真里が復帰した際には、お笑い芸人を中心としたタレントたちが面白おかしくイジることで、禊を早く済ませてあげようという流れがあった。しかし、ベッキーは矢口と違い、完璧主義でバカ真面目な性格というイメージで売ってきたタレント。復帰後も、周囲は“不倫イジリ”ができず、ふわふわとした気持ち悪い雰囲気が続くでしょう。イジってOKの矢口よりも、芸能界で面倒くさい存在となりそう」(同)

 不倫騒動を逆手にとることで、芸能界に生き残った矢口。一方で、バカ真面目なベッキーが“第2の矢口”になることは、イメージ的に難しいようだ。

最終更新:2016/05/09 23:00
こんな記事も読まれています

ベッキー擁護は「仁義」!? 泉谷しげるの“チンピラ”発言に批判殺到で復帰はさらに困難にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

「週刊文春」(文藝春秋)編集部に手紙をしたためたベッキーを「あざとい」などと批判したオリ...
写真