日刊サイゾー トップ > スポーツ  > バドミントン業界に“救世主”

桃田賢斗の「闇カジノ問題」で人気凋落のバドミントン“救世主”川淵三郎氏を招へいか?

badminton0510イメージ画像 Photo By llee_wu from Flickr.

 近年、「子どもにやらせたくないスポーツ」のアンケートで上位に入るのが野球。以前からプロ選手選手の風紀が乱れているのは知られたことだが、最近は賭博や覚せい剤の事件で、その傾向がさらに強まっている。ほかに薬物問題が持ち上がったスノーボードや、肉体的な危険度の高いボクシング、格闘技なども挙げられているのだが、ここに新たに加わりそうなのがバドミントンで、SNSでも「あまりやらせたくない」という声が散見されるようになってきた。

 それは暴力団の資金源となる闇カジノに出入りしていたとして、世界ランキング2位の桃田賢斗らが処分を受けたことによるイメージダウンが大きかった。もともと野球やサッカーよりも競技人口が多いとされる親しみあるスポーツだが、「それは娯楽としての数。選手を目指す競技の世界では、人気低迷が課題となっていて、試合の観戦者は減少傾向にある」と競技関係者。

「試合観戦していた400人にアンケートをとったら、370人くらいが選手の関係者だったことがあるんです。一般のファンを集めるのが課題で、その看板となるはずだったのが桃田でした」(同)

 桃田は日頃から「バドミントンもプロ野球やサッカーみたいに稼げるスポーツにしたい。まずは自分が派手な生活をして、子どもたちの憧れになる」と公言し、派手な振る舞いをするスター選手だった。高級車を乗り回し、茶髪でギラギラしたアクセサリーも身に着けていたが、今回の事件で「バドミントン人気のため」という大義名分は崩れ、ただのチャラ男と見られてしまった。バドミントンで成功して大金を手にしても、その果ては街の不良……そんなイメージでは「子どもにやらせたくない」と敬遠する人たちもいるだろう。

 皮肉にもバドミントンの最大のライバル、テニスはこれに反して錦織圭の人気から、子どもたちのスクール通いが急増中。テニスの競技人口は約400万人で、これはバドミントンの半分以下であるのだが、本格的なテニス漫画『ベイビーステップ』(勝木光)の人気も追い風になって上り調子。対してバドミントンは、かつて女性コンビの「オグシオ」こと小椋久美子、潮田玲子が人気でイメージアップしたこともあったが、その後はロンドン五輪の銀メダルを獲得した藤井瑞希、垣岩令佳の2人組が「生意気伝説」と週刊誌に悪態を報じられるなどして、スター人気は継続せず。東京五輪を前にイメージアップに努めたいところだったが、それは今回の事態でその道は閉ざされた。


12

桃田賢斗の「闇カジノ問題」で人気凋落のバドミントン“救世主”川淵三郎氏を招へいか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

近年、「子どもにやらせたくないスポーツ」のアンケートで上位に入るのが野球。以前からプロ選...
写真