日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > C・ロナウドのナルシストっぷり

C・ロナウドのナルシストっぷりが止まらない! ついにプールに“アレ”を……?

cr70511クリスティアーノ・ロナウド公式インスタグラムより

 レアルマドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウドは、イケメン、高身長、年収は100億円にも迫ると言われている、文句無しのモテ男だ。3度のバロンドール受賞歴を誇り、実力も折り紙つき。間違いなく世界で最も愛されているフットボーラーの一人だろう。

 他人から愛されるだけでなく、自己愛も強いロナウドは、極度のナルシストとしても有名だ。自慢の肉体美を披露するため、ロッカールームにカメラが入るときは常に裸。ジムでのトレーニング中も裸。SNSにアップした分厚いステーキを食べる写真も、なぜか裸だった。もちろん自宅も自己愛に溢れている。リビングには自画像を何枚も飾り、どこからでも自分の姿を確認できるように、家中が鏡だらけになっている。

 ロナウドは自身の名前も気に入っているらしく、あらゆるものにCR7(クリスティアーノ・ロナウド、背番号7)、もしくはCRというロゴをつけることでもお馴染みだ。さまざまなハイブランドにオーダーメイドし、リュックや帽子やスニーカーなど、全身CR7まみれになることも珍しくない。チームメイト全員にブルガリの時計をプレゼントしたときも、もちろんCR7の刻印がされていた。さらにはCR7という下着ブランドを立ち上げており、CR7という名前のホテルも経営している。

 そんなロナウドがSNSで先日アップした動画が話題になっている。自宅のプールでトレーニングをする映像なのだが、ロナウドがゆっくり潜水していると、なんとプールの底にCRという文字が映りこんだのだ。ファンの間でも「逆にCRって入れてないのはなんなんだ?」「そういえば玄関の扉にも入ってたな」「CR7という形のオブジェも確認済み」と、大盛り上がりだ。

 ロナウドほどのスーパースターの気持ちは、我々一般人には計り知ることができない。もしかしたらプールで泳いでいる時でさえも、自分がクリスティアーノ・ロナウドだという事実を意識し続ける必要があるのかもしれない。この過剰ともいえる自己愛こそが、31歳になった今でも活躍し続ける理由なのだろう。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2017/03/28 17:13
こんな記事も読まれています
関連キーワード

C・ロナウドのナルシストっぷりが止まらない! ついにプールに“アレ”を……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真