日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 岡崎慎司が歴史上の偉人に!?

プレミア優勝・レスターは街ぐるみで冷静さを失っている! 岡崎慎司が歴史上の偉人に!?

okazakic0

 岡崎慎司が所属するプレミアリーグ・レスターシティは、創設133年目にしてリーグ初優勝を飾り、スポーツ史に残る“世紀の番狂わせ”を演じた。

 優勝に5,001倍のオッズをつけたブックメーカーは約15億円もの赤字を生み、スタジアムの近くに設置されている震度計では劇的なゴールが決まるたびに地震が計測された。さらには、シーズン開始前に1カ月の余命宣告を受けたサポーターの男性は、レスターの快進撃に刺激され1年以上も生き延びたというのだから、今回のレスターの偉業がどれほどすごいかがわかるだろう。

「レスターの人口は約33万人、なのに優勝パレードには参加者が25万人いたというんですから異常ですよね。街の外から来た人ももちろんいるでしょうが、単純計算で半分以上の住人が参加しているんですよ。どこに行ってもサッカーのことばかりで、みんな本当にうれしそうです。ここの人たちはお酒を飲みながら一生この話をし続けて生きていくんだろうなって感じましたね。岡崎は本当にすごいことを成し遂げましたよ」(スポーツライター)

 今年の3月に松戸市で行われた琴奨菊の優勝パレードでさえ5万人と言われているのだから、25万人のすごさがわかるだろう。しかも、松戸市よりもはるかに人口の少ない都市で行われているのだからとんでもない。レスターの街では、日本では考えられないような出来事が次々と起こっているという。

「もはやレスターは町ぐるみで冷静さを失ってますよ! 眞子さまが通ったことでも知られるイギリスの名門レスター大学では、なんと一つひとつの建物に選手の名前がつけられることが決まりました。岡崎の名前がつけられる“シンジ・オカザキ・セミナー・ブロック”は、現在、同大学の元総長の名前がついているというのだから驚きです。岡崎に関してだと、“オカザキロード”を作るとも市長は宣言していましたね。ほかにも橋やビル、駅、交差点、坂など、さまざまな場所に選手の名前がつくといわれています。数年後にレスターの街に行ったら選手の名前だらけで、歴史上の偉人は全部レスターの選手だけみたいになっているかもしれませんね(笑)」(同)

 Jリーグのどこのクラブが優勝しても、こんなことにはならないだろう。今回のレスター優勝のファンの喜びは、もしかしたらサッカー文化が根付いていない国に住む我々には想像がつかないことなのかもしれない。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/05/19 18:12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed