日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 若手女優阿部純子、朝ドラで再ブレーク

透明感満点の清楚系若手女優・阿部純子 朝ドラ『とと姉ちゃん』で再ブレークへ

abe0527NHK『とと姉ちゃん』番組サイトより

 まさに、透き通ったような美しさをもつ正統派の清楚系若手女優・阿部純子(23)が、NHK連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』(高畑充希主演/月~土曜午前8時~)で存在感を発揮している。

 同ドラマで、阿部は主人公・小橋常子(高畑)が通う女学校の同級生で、名家のお嬢様・中田綾役を演じ、男性視聴者の熱視線を浴びている。


 実年齢では阿部の1歳上の高畑は、童顔とはいえ制服姿には相当な無理があるが、23歳の阿部にはまったく違和感がない。お嬢様の役どころも堂に入ったものだ。

 彼女は、「阿部純子」としては無名だったが、それなりのキャリアも積んでいる。小学生のときにスカウトされた阿部は、モデルとしてデビュー。2010年6月公開の映画『リアル鬼ごっこ2』では、オーディションを勝ち抜いてヒロインの座を勝ち取り、芸名「吉永淳」で女優デビュー。12年1月期『理想の息子』(日本テレビ系/山田涼介主演)では、初めて連ドラにレギュラー出演し、注目を集めた。

 14年7月公開の映画『2つ目の窓』では、これまたオーディションの結果、主役に抜擢された。同映画は、「第67回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品され、「第4回サハリン国際映画祭」主演女優賞、「第29回高崎映画祭」最優秀新人女優賞を受賞した。

 ところが、カンヌ映画祭で“力不足”を感じたという阿部は、所属事務所を辞め、留学を決意。同年8月に米国に渡り、ニューヨーク大演劇科などで1年間、演技と語学を学んだ。帰国とともに、アミューズに移籍し、芸名も本名の「阿部純子」に戻して、再スタートを切った。今年3月にはスターバックスのCMにも起用されている。

「『とと姉ちゃん』では、常子の妹・鞠子役の相楽樹、仕出し屋・森田屋の娘・富江役の川栄李奈も光っていますが、阿部の存在感は群を抜いています。残念ながら、ドラマでは女学校を卒業してしまいましたが、戦後、常子が作り始める雑誌『あなたの暮し』を手伝うことになるようですから、再登場が期待されます。過去の実績もありますし、大手事務所に入ったことで、今後オファーが増えそうです」(芸能ライター)

 もともと、演技力には定評があった阿部だけに、再ブレークは間違いなさそうだ。
(文=森田英雄)

最終更新:2016/05/27 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed