日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 恐怖と暴力『クリーピー 偽りの隣人』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.378

北九州監禁殺人事件、尼崎変死事件に似ている!! 恐怖と暴力による洗脳『クリーピー 偽りの隣人』

creepy01黒沢清監督にとって久々の犯罪サスペンス『クリーピー 偽りの隣人』。身近なところから、かつてない恐怖が忍び寄る。

 今年1月に劇場公開された中村義洋監督の『残穢 住んではいけない部屋』は、かなり不気味なホラー映画だった。自分が住んでいるマンションは以前どんな人間が暮らしていたのかよく分からないという、地縁や血縁から切り離された現代人の浮遊感・不安感がもたらす恐怖を描いていた。黒沢清監督の『クリーピー 偽りの隣人』もまた流動性の激しい都市部で起きる怪事件を扱ったものだ。『クリーピー』には幽霊などオカルト系の類いはいっさい現われないが、幽霊以上におぞましく、常識がまるで通用しない“ご近所さん”がこちらに向かって近づいてくる。

 近年は『トウキョウソナタ』(08)や『岸辺の旅』(15)など非ホラー系の家族ドラマが高く評価されている黒沢監督にとって、『クリーピー』は『CURE キュア』(97)以来となる久々の犯罪サスペンス。黒沢監督のブレイク作『キュア』では萩原聖人が催眠術を巧みに操り、次々と遠隔殺人を行なった。だが、『クリーピー』はさらに現代的にバージョンアップされた形となっており、催眠術を使わずとも人間がいとも簡単にマインドコントロールされてしまう恐ろしさが描かれている。

 2011年に発表された前川裕の処女小説『クリーピー』(光文社)が原作だが、黒沢監督は原作の設定だけをもらって、ストーリーは映画独自の展開となっている。犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は妻の康子(竹内結子)と共に東京の都心部から少し離れた静かな住宅街に引っ越してきた。お菓子を持って引っ越しの挨拶回りをするが、このへんはご近所づきあいがないらしく、ろくに挨拶ができないまま引っ越し初日を終える。後日、康子がひとりで改めて隣家を訪ねると主人の西野(香川照之)が出てきたが、あまりに不躾な態度で康子はショックを受けてしまう。中学に通う西野の娘・澪(藤野涼子)はきちんとしているだけに、余計に西野家のことが気になってしまう。


123
こんな記事も読まれています

北九州監禁殺人事件、尼崎変死事件に似ている!! 恐怖と暴力による洗脳『クリーピー 偽りの隣人』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

今年1月に劇場公開された中村義洋監督の『残穢 住んではいけない部屋』は、かなり不気味なホ...
写真