日刊サイゾー トップ > 芸能  > グラドルの年齢詐称はアリ?

「1~2歳のサバ読みは事務所の売り出し戦略!?」グラドルの年齢詐称はアリか、ナシか――

「1~2歳のサバ読みは事務所の売り出し戦略!?」グラドルの年齢詐称はアリか、ナシか――の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

 最近、珍しく仕事でトラブルがあり、精神的にやられてました。吐かれた暴言の数々が寝る前に蘇って眠れず、自分が彼に吐いた暴言の数々を思い出しては背徳感にさいなまれていました。31歳独り身浮き世稼業、悩みは尽きません。

 そんな病み真っ最中の今回お話しするのは、この業界ではちょっぴりタブーとなっている“年齢詐称”についてです。

 私はデビューが20歳くらいで、25歳までには売れる予定だったので、実年齢でずっと活動してきました。そして、引退した後、名前を変えて再デビューしたかと思いきや、今度は親に連れ戻されたりといった紆余曲折を経ており、今は3度目の芸能活動なんです。28歳で芸能活動再開した際には、「芸名を変えて、25歳ぐらいの設定にしたらどうか」といったアドバイスを受けました。ですが、幸か不幸かそれまでの経歴があったので、実年齢のままにしました。ググッたら一発でバレてしまいますしね(笑)。

 実際、周りを見渡してみても、年齢詐称をしているグラドルはたくさんいます。すごい子は、2桁に近いくらいにサバを読んでいます。これぐらいサバを読まれてしまうと、もはや、容姿が営業年齢に追いついていけてないので、周りも気を使わざるを得ません。

 また、私よりもだいぶ年上なのに、営業年齢が年下の場合、敬語を使えばいいのやら、どうやって接すればいいのやらで、頭が混乱してしまいます。

 いまいち理解できなかったのは、1~2歳程度のサバです。これぐらいなら、サバを読む必要なんてないんじゃないかと思っていました。ですが、この程度のサバ読みは事務所指導のパターンが多く、戦略的な意味合いがあったのです。

 例えば、デビュー時に19歳だったとします。そうすると、10代を売りにできる期間がすごく短くなってしまいますね。ここで18歳とサバを読めば、「高校生」という売り出し方もできるし、10代の期間を余分に1年間得ることができるのです。

 また、20代後半デビューの子や25歳前後デビューの子の場合も、1~2歳程度のサバを読むケースが多いようです。昔は20代前半のみや、10代のみしか受けられないオーディションも多かったため、売り出す戦略等を考えれば、やむを得なかったのでしょう。

 私は基本的にグラドルの子の年齢に興味がありませんし、詮索もしません。ただひとつ気をつけているのが、「人の年齢に関してコメントしない」ということです。たまに、「◯ちゃんの年齢知ってる?」とか聞かれても答えません。

 以前、実年齢が私より年上の子と同じ現場だった時にスポンサーさんが「一番年上なのは誰?」と問いかけてきたのです。その際に、私は年上の子を悪気なく名指しすると、その子は般若のような顔に豹変しました……。営業年齢は別だったのです。

 また、年齢の話をすると機嫌が悪くなる年下の設定の先輩もいたし、ちょっと見ない間に3~4歳若返ってる子もよくいます。某有名グラドルさんが、「グラドルはプロレスと同じだ」と言っていました。それは言い得て妙でしょう。年齢なんて「そのくらいに見えればいい」のです。パフォーマンスの一環なんです。ファンにしたって、最初は「10代だから魅力的」と食いついてきて、そのあとに年齢詐称したことがバレてしまったとしても、そんな程度でその子のファンをやめたりはしないでしょう。むしろそこまでして芸能活動を頑張りたかった彼女を推し続けてこそ、漢ではないでしょうか?

 なので、私は、年齢詐称はアリ派!!

 ……吉沢が来月くらいに20代に戻っても、責めちゃや~よ?

「1~2歳のサバ読みは事務所の売り出し戦略!?」グラドルの年齢詐称はアリか、ナシか――の画像2

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネージャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2017/06/02 19:26
こんな記事も読まれています

「1~2歳のサバ読みは事務所の売り出し戦略!?」グラドルの年齢詐称はアリか、ナシか――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

最近、珍しく仕事でトラブルがあり、精神的にやられてました。吐かれた暴言の数々が寝る前に蘇...
写真