日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > グラドルの「志望動機」は浅はか?
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

「ジャニタレ、お笑い芸人と知り合いたくて……」グラドルの“志望動機”は意外と浅はか?

saly0729.jpgイメージ画像(Thinkstockより)

 最近、漫画に出てくる男の子をもてあそぶことにハマっている吉沢さりぃです。今日はオラオラ男子! 今日はメガネ男子! といった具合に、その日の気分で漫画を選んでヒロインになりきり、束の間の恋愛リア充を味わうのです。これを某バラエティ番組で話したところ、「吉沢さん、ガチでしばらく彼氏いないでしょ!」と笑われました……。男日照りがバレてしまい、ちょっと恥ずかしい思いをしました。

 よく撮影の時に「なんでグラドルになろうと思ったんですか?」と質問されます。私は「ゆうこりん(小倉優子)のファンで、グラドルに憧れるようになって」と答えるのですが、これには深いようで浅い裏話があったのです(笑)。

 私は中高一貫の女子校に通っていました。女子校は本当に特殊な空間です。そして、ヒエラルキーが、はっきりしているのです。

 一番上のイケてるグループに属する女子は、他校の男子とわちゃちゃと遊び、共学と同様リア充。そこに埋もれた女子は結構悲惨で、ジャニーズやバンド等のおっかけをしているか、女子に興味を持つか、勉強に打ち込む真面目ちゃんか……といった感じでした。私も例に漏れず、さえない女子で、リアルな恋愛にはたどり着けず、バンドのおっかけをしていました。

 バイトをしてお金をためては千葉~名古屋くらいの範囲だったらライブに行き、入り待ちや出待ちなどをしていました。そして、一番好きだったバンドマンが、ある雑誌のインタビューで「ゆうこりんが大好き。ゆうこりんが隣に引っ越してきて“隣に引っ越してきました! 小倉優子です! 私と付き合ってください”って言われたい」と答えていたのです。それで、私は「ゆうこりんに少しでも近づきたい!」と黒髪にしたり、メイクを真似したりするようになりました。当時はグラドル全盛期。ゆうこりんの出ている雑誌やテレビをチェックしているうちに、魅力的なグラドルをたくさん発見し、気づかないうちにバンドのおっかけからフェードアウトし、ゆうこりんをはじめとするグラドルにハマっていきました。

 それをきっかけに、私はブスですが、幸い胸はあったので「私もグラドルになりたい! あの中に入りたい!」と夢見るようになったのです。

「なんじゃそりゃ!」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実はグラドルの中には、同じようなタイプの子が多いのです! 「ジャニーズアイドルとつながりたくて……」とか、「お笑い芸人と知り合いになりたくて……」といった動機から、まずは同じ業界に入ってみてグラドルを目指すという……(笑)。一応、業界人になれば、知り合いやすくなりますからね。知名度的にはそんなにないにしろ、有名芸能人としょっちゅう、合コンしてる子もリアルにいます。有名グラドルやアイドルで「元◯◯のおっかけで有名」とウワサのある子は、あながちウソじゃないと思います。

 あなたの推しのグラドルは、純粋な志望動機だといいですね……(笑)。

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネジャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/07/31 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed