日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 都市伝説やオカルトがてんこ盛り! ガガも登場の斬新ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』
ベテラン海外ドラマライター・幕田千宏の「すごドラ!」

都市伝説やオカルトがてんこ盛り! ガガも登場の斬新ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』

YouTube「FOX NETWORKS」

日本の夏の風物詩といえば怪談話。連日酷暑が続く中、怖い話でも聞いて少しでもヒヤッとした気分を味わいたいもの。そんな夏にぴったりな海外ドラマが『アメリカン・ホラー・ストーリー』だ。

 全米では今、ホラーやダーク・ファンタジーといったジャンルが大人気。『ウォーキング・デッド』を筆頭としたゾンビものから、『死霊のはらわた』や『スクリーム』など、大ヒット映画のドラマ版も続々制作されている。『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、アメリカの都市伝説やオカルトをモチーフにしたアンソロジー・シリーズだ。

 シーズン1『呪いの館』の舞台は幽霊屋敷。シリーズの中で最も正統派ホラーに近いのがこのシーズン1だ。名作ホラー映画へのリスペクトを感じさせる描写を随所に盛り込んだスタイリッシュな映像は、独特の空気感を生み出している。ある人物の目には老メイドがセクシー・メイドに見えるなど、エロティックでミステリアスな世界は一見の価値があり。ホラーの定石を打ち破る“触れる幽霊”や、謎の全身ラバースーツの男といった、トリッキーなキャラクターにも注目だ。

 シーズン2『精神科病棟』の舞台はその名の通り、1964年の精神科病院。精神異常と判断された犯罪者たちを専門に収容するこの病院を舞台に繰り広げられるドラマは、次第にミュータントやエイリアンまで登場するトンデモ展開に。その想像の斜め上を行くオカルティックなストーリーには賛否もあるが、好きな人はドハマりすること、必至だ。

シーズン3『魔女団』ではセイラムの魔女裁判をモチーフに、その迫害を逃れた魔女たちが、ひそかにその力を伝承させる魔女学校を運営しているという設定。奴隷虐待の貴婦人マダム・ラローリーやブードゥー教の女王マリー・ラヴォーなど実在の人物も取り入れ、虚実入り乱れたドラマが展開される。

シーズン4『怪奇劇場』のテーマはフリークス。『精神科病棟』でも取り上げていたフリークスたちのドラマをさらにブラッシュアップさせたこのシーズンでは、1950年代に見世物小屋を舞台に、妖しく、幻想的なドラマが描かれる。

そしてシーズン5『ホテル』では、80年代を舞台に“人食いホテル”に暮らす女伯爵が夜な夜な繰り広げる妖艶な日々と惨劇を、濃密に描き出していく。


12
こんな記事も読まれています

都市伝説やオカルトがてんこ盛り! ガガも登場の斬新ドラマシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

元アイルネ・原田珠々華が語る未来

日本の夏の風物詩といえば怪談話。連日酷暑が続く中、怖い話でも聞いて少しでもヒヤッとし...
写真