日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 狂いだした江口洋介と尾野真千子

ゆるやかに狂いだした江口洋介と尾野真千子が怖い『はじめまして、愛しています。』

hazime0812テレビ朝日系『はじめまして、愛しています。』番組サイトより

 遊川和彦脚本の『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)は第7話。視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前回より0.5ポイント上昇です。物語も盛り上がってきましたし、2ケタまで戻すかもしれませんね。

 突然、家の庭に迷い込んできた人間の子ども(横山歩)に運命を感じ、特別養子縁組制度を利用して本当の家族になろうと頑張る信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)の梅田夫婦。前回は、そんな2人の前に黒川さん(富田靖子)が黒塗りベンツで現れ、2人が「ハジメ」と名付けた子に「ヒカリ……?」と語りかけるところまでが描かれました。

 黒川さんによれば、ハジメはヒカリで、ヒカリは黒川さんの娘の息子、つまり孫なんだそうです。黒川さんは病院を経営していて、娘がヒカリを虐待していたことなんて知らなかったのだとか。そんで、その娘は入院中なんだとか。

 そんな黒川さんは、信ちゃんと美奈ちゃんにヒカリの出生届を突きつけて「引き取らせてほしい」の一点張り。「血のつながった本当の家族ですし」と、イヤミったらしく正論でまくし立てます。『アイコ十六歳』のころの、愛らしかった富田靖子はもうどこにもいません。

 当然、納得のいかない信ちゃん美奈ちゃんですが、特別養子縁組で本当の家族になるということは、実の親と養子が本当の家族でなくなるということ。実母が行方不明のままだったらよかったんですが、出てきちゃったからには、このまま手続きを進めるわけにはいきません。

 当のヒカリはといえば、まったくもってハジメです。おばあちゃんには会ったこともなかったというし、梅田夫婦を「お父さん、お母さん」と呼ぶし、「ぼく、どこにも行きたくない。ずっとこのうちにいたい」と健気につぶやくのです。

 でもまあ、制度は制度ですし、法律は法律ですので、ハジメはとりあえず施設に戻されることになりました。児童相談所の大人たちで相談して、黒川さんに引き渡すか梅田家に戻すか、その妥当性を審議するのだそうです。

 ハジメが施設に戻る日、信ちゃんも美奈ちゃんも「すぐに迎えに行く」とか「ハジメはお父さんとお母さんの子どもだから」とか、混乱させるようなことを半泣きで言い聞かせます。ハジメは逆に、そんな2人を元気づけるように、笑顔を見せるのです。

「オッケー牧場!」「ファイトでーす!」

 ううっ、泣ける~! しかし、ハジメが梅田家に現れたのが運命なのだとしたら、富豪おばあちゃんがヒカリを迎えに来たのも、また運命なのでしょう。こうなった以上、信ちゃんも美奈ちゃんもあきらめるしかありません。

 ところが、まったくあきらめる気配がない2人。ゆるやかに狂い始めます。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真