日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジ月9ガバガバの“雰囲気悲劇”

フジ月9『好きな人がいること』ガバガバの“雰囲気悲劇”で視聴率下降止まらず……

 そもそも、この中盤のヤマである「夏向が養子だったことが発覚」という設定そのものがガバガバなんですよね。千秋(29)、夏向(24)、冬真(21)で、千秋が5歳のときに夏向は“弟”になった。兄弟で唯一それを知っている千秋は、この年まで夏向に真実を告げていなかった。今後も告げるつもりはなかったらしい。

 前回もちょっと書きましたけど、千秋は夏向が戸籍謄本を必要とする場面を想像したことがなかったということです。パスポート申請、婚姻、相続、登記……そういったことが夏向の人生に訪れることを、千秋は想像していなかったんです。千秋は隠していた理由を「夏向を守りたかったから」とか言いますが、単なる思慮不足です。

 ラストでは千秋が、美咲の寝顔にじっくり見入ってしまうというシーンがありました。欲情してたっぽいです。次回以降、さらなる思慮不足っぷりを発揮してくれるかもしれません。

 とはいえドラマ全体に救いがないわけじゃなくて、3男・冬真を演じる野村周平がすごくいいんですね。夏向に対するコンプレックスから料理学校を辞め、その夏向が本当の兄弟じゃなかったことを告げるという、重要な役割を果たしました。女性に対してはとても軽薄だけど、愛海という見知らぬ女の子の母親の命にだけは真剣に向き合う多面性も表現されたし、亡き父が遺したレシピノートに「冬真料理特訓ノート」の項を見つけ、夏向に改めて「料理を教えてほしい」と申し出るシーンや、その後の兄弟間のやり取りでも、山崎賢人をぐいぐい芝居で引っ張っていました。

 冬真がすごくいいので、急転直下、冬真と美咲が付き合えばいいのに! とは全然思わないけど、野村周平が今後、いい作品と出会えればいいなと思いました。来週もなんか書きます。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2017/04/19 14:59
12
こんな記事も読まれています

フジ月9『好きな人がいること』ガバガバの“雰囲気悲劇”で視聴率下降止まらず……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

もはや1ケタ視聴率が当たり前になってきたフジテレビ月9『好きな人がいること』第7話は8....
写真