日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国・マヌケすぎる“誘拐犯”

「どう見ても不自然!」中国・マヌケすぎる“誘拐犯”の正体とは――

manuke090302.jpgこちらも、暴行されているわりに体はまったく汚れていない

 警察の取り調べによると、2人は共通の友人からネットワークビジネスの話を聞き、その魅力に取りつかれていたという。しかし、ビジネスを展開するための資本金が不足していたため、ほかの会員からのアドバイスを受け、その通りに事件を起こしたのだというからあきれるばかりだ。

 そんな2人は、ネット上でも「写真が猿芝居すぎて笑える!」「人をだますなら、もっと演技の練習しろ」などと、嘲笑される始末。

 もし彼らがネットワークビジネス始めていたとしても、間違いなく失敗していただろう。
(文=青山大樹)

最終更新:2016/09/04 12:00
12
関連キーワード

「どう見ても不自然!」中国・マヌケすぎる“誘拐犯”の正体とは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

年間5,000件超もの誘拐事件が多発している中国で、なんともマヌケな“誘拐犯”が現れ、話...
写真