日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国・マヌケすぎる“誘拐犯”

「どう見ても不自然!」中国・マヌケすぎる“誘拐犯”の正体とは――

manuke0903.jpg指を切断された息子の写真。血の色が不自然である上、よく見ると息子が半笑いのような……

 年間5,000件超もの誘拐事件が多発している中国で、なんともマヌケな“誘拐犯”が現れ、話題となっている。

「重慶晩報」によると、8月21日、重慶市に住む中年女性・丁さんのもとに、2枚の写真が送られてきた。1枚は、床に仰向けとなったひとりの男性。右手の人差し指は切断されており、周囲には滴った鮮血と中華包丁も確認できる。そして、もう1枚の写真には、両腕と首を縛り付けられ、上半身裸で踏みつけられる男性の姿が……。この男性はなんと、22歳になる丁さんの息子なのだった。

 丁さんはこの写真を受け取る直前、「身代金3万5,000元(およそ54万円)を支払わなければ、誘拐した息子の指を1本ずつ切り落とす」という脅迫電話を受けていた。

 驚いた丁さんはすぐに警察に通報し、誘拐犯から送られてきた息子の写真を警察に提供した。すると警察は「写真に写った血液の色や切断面に、不自然な点がある」と指摘。

 さらに丁さんの証言から、前々日にも、息子の彼女と名乗る若い女から、息子が胃穿孔(せんこう)になって緊急手術が必要になったことを知らせる電話がかかってきていたことも明らかになった。女は電話口で、手術費として、身代金と同額の3万5,000元を指定口座に振り込むよう要求しており、病室のベッドに横たわる息子をとらえた写真がSMSで送られてきたという。

 不審に思った警察は、犯人との電話の通信記録を解析。電話の主として、陝西省にいた息子とその交際相手の身柄が確保されたのだった。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「どう見ても不自然!」中国・マヌケすぎる“誘拐犯”の正体とは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...…
写真