日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「紅白にSMAPを」NHK会長の真意

NHK籾井会長の「紅白にSMAPを」発言は、会長選考での続投狙い?「ジャニーズを業界都合で利用すると……」

NHK籾井会長の「紅白にSMAPを」発言は、会長選考での続投狙い?「ジャニーズを業界都合で利用すると……」の画像1

 9月8日のNHK定例会見で籾井勝人会長が、年末の解散を発表しているSMAPの『紅白歌合戦』出場について「当然、出てもらいたい」と語ったことが、一部芸能プロやレコード会社から「公正ではない」と不評を買っている。もともと『紅白』の出場枠は各社の争奪戦になることから、正式発表前に関係者が言及することはタブーとなっており、これは芸能プロの大半が暴力団の直接傘下にあって対立が激しかった頃の名残りともいわれる。

 そんな掟破りをした籾井会長の狙いは、『紅白』の視聴率アップでもSMAPへのエールでもなく、来年1月に行われる会長選考で再選を果たすための好感度上げだと見る向きがある。

 何しろ籾井会長は、自らジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏に直談判してもいいとまで発言しているほどで、これで実際にSMAP出場となれば、籾井会長の手柄として世間に広まることになるだろう。

「任命権を持つ経営委員会は、7月に専門部署を設置し、人選作業を進めています。籾井会長が続投希望を持っているのは誰もが知る話ですが、現状、交代させるべきという意見も多く、経団連や官邸が推薦する“別の人物”が後任に押されているという話もあります。籾井会長の焦りは、相当なものでしょう」とはNHK職員の話。

 局内では、籾井会長の続投ストップを望む声が多い原因のひとつは、その人間性という、身もフタもないものがあるようだ。

「独善的なひどい人事で、周囲に置くのはイエスマンばかり。今年4月に発表された人事でも、理事10人のうち、空席2つを含めて6人を入れ替え、自分と意見の異なる理事を排除しています。これで周辺の反発が高まっていて、外堀を埋めようという動きがあるんです。あるベテラン役員は『このまま籾井体制が続くなら、退社して他局に移る』なんて話までしています」(同)

 籾井会長に対する反発は外部でも勢いを増し、「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」など全国19の市民団体が9月12日、次期会長の選考作業を進める経営委員会に、公募制の採用を求める要望書を提出。

 籾井会長は三井物産、ユニシスの大企業を経営した手腕から2013年12月に経営委に選出されたが、外交問題では「政府が右と言っているのに、われわれが左と言うわけにはいかない」と発言するなど、事あるごとに政府の顔色をうかがう姿勢が物議を醸し、そのたびに側近らが頭を下げて回っていた。

 昨年はプライベートでのゴルフ遊びに使ったハイヤー代の約5万円をNHKに払わせ、今年2月は聴覚障害者への蔑称を使って謝罪したものの、翌月にまた同じ発言をして批判を浴びている。

「あまりに“炎上”が多いため、局内では『焼きモミ』なんて呼ばれる始末ですが、もともとNHKの歴代会長は、実質的に政府・与党幹部の胸三寸で選ばれてきたようなもの。籾井会長も、付き合いのある九州旅客鉄道の石原進さん(NHK経営委員長)とか明確な自民党シンパによる推薦で就いたんです。まるで閣僚みたいなものですね。逆に、政府筋から見て世間の印象があまりにも悪ければ簡単に変えることができるわけで、実際には本人がSMAP出場をアピールしたところで続投材料になるはずがないんですけどね」(同)

 NHKにはワンセグ受信料の支払いをめぐる問題に加え、石原委員長が将来的にネット配信からも受信料を徴収する意向を示したことで世間から強い風当たりがあり、「政府が籾井会長を下ろして批判をクールダウンさせる狙いが出てくるかも」と職員。

 もしかすると籾井会長のSMAP起用のフライング発言は、そんな自分への包囲網を知ってて飛び出した“苦し紛れ”だったのかもしれないが、NHKに実際のSMAP出演交渉があるか聞いてみたところ、「番組については、NHKの公式ホームページで発表されたことがすべてです」という表面的な回答しか得られなかった。

 また、ジャニーズ関係者にNHKからのSMAP出演オファーがあるかも聞き回ってみたが、明確な話は聞こえてこなかった。あるスポーツ紙の芸能記者の見立てでは「現時点では木村拓哉以外の4人が紅白出場を望んでいないから、なんらかの大きな交換条件でも出さない限り厳しい」ということだったが、さんざん紅白出場を煽っておきながら実現しなかった場合、むしろ籾井会長にとってマイナスになることも考えられる。

「ジャニーズファンは、好きなタレントが業界都合で利用されるのを嫌いますから、ヘタすればSMAPファンが籾井会長をバッシングすることだってなくはないですよ。特に今のSMAPファンに期待だけを持たせるのは酷ですよ」と前出記者。

 いずれにせよ、籾井会長が自分のイスを守るために好感度上げを狙ってSMAPの名前を使ったのだとしたら、大ヒンシュクもの。ここは受診料を支払っている国民に向けての誠意として、本当にジャニーズ事務所に出向き進捗を経過報告すべきだろう。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/06/08 18:36
こんな記事も読まれています

NHK籾井会長の「紅白にSMAPを」発言は、会長選考での続投狙い?「ジャニーズを業界都合で利用すると……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...…
写真