日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑裕太「無罪主張」を弁護士解説

「わからないことだらけ」高畑裕太強姦致傷事件“無罪主張”の意図を弁護士が解説

takahata0921.jpgYouTube「ANNnewsCH」より

 強姦致傷の疑いで逮捕されながら、不起訴となった高畑裕太。担当弁護士が「起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」とまで言ったが、本当にそこまで言い切れるものだったのだろうか?

 誠法律事務所の村田純一弁護士は、「事実関係が不明なので、確かなことは言えませんが」としながらも、「この件で無罪を争うことは、そんなに簡単ではないように見える」という見解を示す。

「弁護士のコメントによれば、高畑氏は女性が性交渉に同意したものと誤信していた可能性が高いとされています。言い換えれば、性交渉自体はあったということ。そうなると、このコメントは、性交渉はあったが、犯罪成立に必要な“故意”はなかったと暗に主張しているように理解できます。しかし、高畑氏と被害女性は初対面で、彼女は勤務中であったと思われることから、この状況において、彼女が性交渉を本当に望んでいたのかは、客観的に疑問が残る。高畑氏側が、裁判で説得力をもって立証活動できるとは考えにくいです」(同)

 それでも、弁護士サイドが無実の主張をしたのはなぜだろうか? 実際、高畑の担当弁護士は、被害女性の話を聞いていないとするにもかかわらず「高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く」、「呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております」としている。

 村田弁護士は「強姦については不透明でも、示談交渉しつつ、依頼者の名誉のために弁明をしたという理解が自然であると、個人的には感じます」と見る。

「コメントの公表について、被害女性も了解した上での示談だった可能性があり、あくまでマスコミに向けたものという内容で認めてもらったのではないでしょうか。被害者側から了解を得ていないと、名誉毀損や示談の趣旨に反すると抗議等されるリスクがあり、依頼者である高畑氏の利益になりません」(同)

 示談交渉の過程において、高畑側もそれほど強気な態度は示していなかった可能性がありそうだ。

「性交渉があったのなら、高畑さん側の弁護士は、そんなに強気にはなれなかったはず。起訴前の示談交渉は弁護士として、是が非でもやりたいことなので、基本的にお願いベースになるはずです」(同)


12
こんな記事も読まれています

「わからないことだらけ」高畑裕太強姦致傷事件“無罪主張”の意図を弁護士が解説のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

強姦致傷の疑いで逮捕されながら、不起訴となった高畑裕太。担当弁護士が「起訴されて裁判にな...
写真