日刊サイゾー トップ > 芸能  > 杏里砲で重盛さと美好感度ダウン

“ANRI砲”で重盛さと美の好感度ダウン!? 「言わされただけ」と内情暴露も「嘘つき」批判殺到

sakaguchi1219.jpg

 AVデビューした坂口杏里から「唯一連絡取ってた って取ってなかったんだけど… さすが腹黒いや」と批判された重盛さと美が12日、ブログで暴露に至った内情を明かし、“腹黒疑惑”を釈明した。

 先月18日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演した重盛は、3月に事務所を退社した坂口のことを「同じ事務所で、唯一連絡を取り合う後輩でした」と親しい間柄であると説明。「3月過ぎてから、事務所のほうにも取り立てが来ていた」と暴露した上で、自身の貯金を切り崩して坂口を助けようとしたものの、マネジャーから「重盛が助けられる額じゃないから」と止められたことを明かしていた。

 重盛はブログの中で、「えーっと、私は、こう伝えてと言われた事実文言をそのまま喋る事しか出来ないビビりです。自分の考えだけで誰かの何かを暴露したり嘘つく勇気はない小心者です」と、番組での発言は、関係者の指示によるものだと説明。「ただ、今自分が守りたいもの、守れるもの、は守っていきたいなって思っています」と自身のスタンスを明かし、「まぁ、何はともあれ体には気を付けて!!お互い頑張りましょう」(現在は削除)と、坂口にエールを送った。

 内情を暴露することで、腹黒疑惑を“ビビり”であると訂正した重盛。しかし、ネット上では「重盛って嘘つきなんだな」「番組見て、なんていい子なんだと思ったのに、騙された!」「タレントに平気で嘘つかせるとか、怖い事務所」などと、重盛サイドへの批判が相次いでいる。

「重盛が腹黒いか否かはさておき、前事務所への恩を仇で返している坂口ですが、9日には『AVだけずっとやるのは私の夢じゃない』などとAVを否定するようなツイートも。これには、坂口を売り出そうと走り回っているAV関係者も呆れ果てているでしょう。先日も、『親友、幼馴染以外全員切りました』と人間関係を清算したことを明かしたばかりですが、坂口は人に恩義を感じにくい性格なのかも。だとすれば、AV女優としてもタレントとしても、致命傷といえそう」(芸能記者)

 トップAV女優を目指し、心機一転、頑張っていくのかと思いきや、タレント時代の事務所や先輩に噛みついてみたり、「AVは夢じゃない」と吐露してみたりと、掴みどころのない坂口。彼女は一体、どこへ向かっていくのだろうか?

最終更新:2016/10/13 16:00
こんな記事も読まれています

“ANRI砲”で重盛さと美の好感度ダウン!? 「言わされただけ」と内情暴露も「嘘つき」批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

AVデビューした坂口杏里から「唯一連絡取ってた って取ってなかったんだけど… さすが腹黒...
写真