日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヒロド歩美と某選手が熱愛?

関西一番人気“ハーフ女子アナ”ヒロド歩美アナに迫る、人気プロ野球選手って!?

hirodo_1019.jpg「朝日放送|アナアナ|ヒロド 歩美」より

 関西の“ハーフ系女子アナ”として知られる、大阪・朝日放送のヒロド歩美アナウンサー(24)。入社3年目の彼女に今、ある交際疑惑の目が向けられているという。

 2014年に入社以来、主にスポーツ系番組を担当しているヒロドアナ。

「スポーツでは今年、伝統ある高校野球情報番組『熱闘甲子園』のメインキャスターに抜擢。また、バラエティー番組にも出演するなど、同局の若手エースアナとしての活躍が目立ちました」(女子アナウォッチャー)

 今夏には、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)、「FLASH」(光文社)が相次いで彼女を特集。「西のカトパン」と称して、その活躍ぶりを伝えていた。

「ハキハキとした話し方で、基本的に明るい子。また、立場を問わず誰とでも仲良くできるのが強みです」(在阪テレビ局関係者)

 そんなヒロドアナ、同局のプロ野球中継ではリポーターを務めるが「ヒロドアナが登場のときだけ、ワイプで顔を出してリポートする徹底ぶり。まぁ現場でも賛否両論ありますが、それだけ“ヒロド推し”が強い証拠でしょう」(同)。

 才色兼備な上、ルックスもいい。しかも親しみやすい性格であれば、周囲の男性がほっておくわけがない。もちろん、それはプロ野球選手も同じだ。事実、彼女はあるバラエティ番組で選手と連絡先やLINEを交換していること認め「選手のことを深く知るためには……」と釈明。だが、関係者の間では「すでに関係が深くなっているプロ野球選手がいるのでは?」という声が上がっている。

 近年、プロ野球の現場に女子アナが取材で訪れる機会は減っている。

「もちろんそれは、関西に本拠地を構えるプロ野球の阪神、オリックスの現場でも同じです。そこにヒロドアナのような美女が行けば、当然選手は色めき立ちます。その中でも、ひと際ゾッコンなのが某チームの若手・X選手。世代的にもヒロドアナと近い彼は今年、チームの主力でありながらあまりいい成績を残せていませんが、本業よりも彼女に首ったけだったのが影響したようです。現状、本格的な交際まで発展しているかは微妙ですが、こっそり会う機会は多いようです」(前出テレビ局関係者)

 Xは、チームからの大きな期待を集める存在だが、練習に身が入っていないとなれば一大事。

「来年いい成績を残せば、一気に交際宣言まで行くかもしれませんが、反対にダメなら……。最悪の場合、彼女の方がスポーツの現場から外される可能性もあるでしょうね」という話もある。

 在京ワイドショースタッフは「もしこの2人が交際宣言すれば、大きな話題になる」と話すが、果たしてどうなるか……。

最終更新:2016/10/19 23:51

関西一番人気“ハーフ女子アナ”ヒロド歩美アナに迫る、人気プロ野球選手って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

関西の“ハーフ系女子アナ”として知られる、大阪・朝日放送のヒロド歩美アナウンサー(24)...
写真