日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 欅坂46“ナチス衣装”で謝罪

欅坂46“ナチス制服酷似”炎上騒動が海外に飛び火! 米・ユダヤ人権団体の要求に、運営が謝罪文発表で……

欅坂46ナチス制服酷似炎上騒動が海外に飛び火! 米・ユダヤ人権団体の要求に、運営が謝罪文発表で……の画像1「デイリー・メール」より

 アイドルグループ・欅坂46の衣装が物議を醸している。問題となっているのは、10月22日に横浜アリーナで開催されたライブイベント「PERFECT HALLOWEEN 2016」で披露された彼女たちの衣装。軍服をモチーフにしたと思われるお揃いの黒いワンピースが、第2次大戦時のナチス親衛隊(SS)に酷似していると、ネットで炎上したのだ。

「マント、ボタンの数や位置、それに袖章と肩章は、確かにナチスの制服をデザインソースにしている印象。特に、帽子に刺繍された鷲のような紋章はナチスのものとそっくり。ハロウィンのイベントだっただけに、ミリタリーのコスプレ感を出そうとしたのかもしれませんが、欧米では完全にアウト。すでにイギリスの『デイリー・メール』や『デイリー・ミラー』(共に電子版)は、『第2次大戦時のナチスの兵士の制服に似た衣装が、ファンにショックを与えた』などと報じており、騒動は海外に飛び火しています」(芸能記者)

 騒動はさらに拡大。海外のSNSでは、日本人の無神経さに批判が相次いでいるほか、米国を拠点とするユダヤ人権利擁護団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は10月31日、公式サイトで欅坂46のプロデューサー・秋元康氏と、所属事務所に謝罪を求める声明を発表。アブラハム・クーパー副館長は、「10代の若者がステージと観客席でナチス風のユニフォームで踊っていることは、ナチスによる虐殺の被害者にとって、多大なる苦痛だ」などと非難している。

 一方、問題の衣装を着用した当人はといえば、ある10代のメンバーは騒動前、ブログに「かわいい!!コウモリみたいなマント」「欅坂の衣装は本当にいつも丁寧に考えて作られているな…」などと屈託なく綴っており、責任が周囲の大人たちにあるのは明白だ。

「1日午後になって、プロデューサーの秋元氏と運営が欅坂46の公式ページに謝罪文を発表しました。秋元氏は『ニュースで知りました』『事前報告がなかったので、チェックもできませんでした』としながらも、『プロデューサーとして、監督不行き届きだった』『大変申し訳なく思っています』と謝罪。運営側も『(ナチスのような)イメージを想起させる部分があり』としたうえ、この衣装については『今後一切着用いたしません』と述べています」(同)

 デビュー曲「サイレントマジョリティー」(Sony Records)が女性アーティストのデビューシングル初週売り上げ歴代記録を塗り替えるなど、順風満帆そのものだった欅坂46。今回の件で、快進撃がストップしなければいいが……。

最終更新:2017/06/13 13:49
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真