日刊サイゾー トップ > その他 > PR情報  > 激似!と話題の「前田日明のモノマネ達人」が本人と歴史的初対面へ

激似!と話題の「前田日明のモノマネ達人」が本人と歴史的初対面へ

maeda111901

 今、格闘技好きの間でにわかに話題になっている“モノマネの達人”がいる。なんと、あの“格闘王”前田日明のモノマネをするというツワモノだ。百聞は一見にしかず、ではないが、まずは一聞にしてもらいたい。芸人・三又又三氏のポッドキャストに出演したときの模様がこちら。

『三又又三とアル北郷のエイドリア~ン!!』
http://bit.ly/2fGK7vy

 まるで前田日明が憑依したかのような、絶妙な滑舌と、いかにも本人喋りそうな言葉の数々を、聞く側が笑ってしまうくらい見事に再現しているが……前田氏のモノマネをするとは、なんとも大胆で怖いもの知らずのこの声の主は、高地広明氏。本業は、THE STARBEMSというバントのドラマーだが、熱烈な前田ファンで、好きが高じすぎて、モノマネが達人の域に達してしまったようだ。
 
 それでは、前田日明本人は、このモノマネをどう評価するのか? だったら直接、2人を会わせてみようということで、この度、前田氏が出演する、サイゾープロデュースのニコニコ生放送「月刊RINGS」(11月21日21時~)に高地氏を呼び、前代未聞のマッチメイクが実現することに。格闘王は笑う? もしやキレる? 高地氏のアツい想いは届くのか?

 さらに同番組では、格闘技界にさまざまな改革をもたらした、前田氏率いる伝説の格闘技団体「リングス」の名試合の数々を貴重映像とともに振り返っているが、今回は高地氏のリクエストを踏まえて、94年7月14日の「前田日明×ディック・フライ」戦を取り上げる。知る人ぞ知る、前田氏が本気でキレて、シュートをしかけたといわれる曰く付きの一戦だ。20年以上経った今、本人が血気盛んだった若き日の自分を振り返る。

maeda111902

 さまざまな意味で、前田氏の反応が注目されるスリリングなニコニコ生放送「月刊RINGS」は、11月21日21時から放送される。

■ニコニコ生放送「月刊リングス11月号」
視聴予約はこちらから
http://live.nicovideo.jp/watch/lv282217882

11月21日(月)21時~放送スタート
※視聴にはチャンネルへの入会(有料)またはチケット購入が必要です

最終更新:2016/11/19 09:00
こんな記事も読まれています

激似!と話題の「前田日明のモノマネ達人」が本人と歴史的初対面へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真