日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 清竜人25の「セルフボースティング」
MC内郷丸「現代アイドルソング学概論」第1回

解散発表! 前代未聞の“一夫多妻制アイドル”清竜人25の「セルフボースティング」

 ラッパーブームといわれる昨今、アイドルがラップを、ラッパーがアイドルの楽曲を手掛けることは珍しくない。この連載では、アイドルファンで「社会人ラップ選手権」決勝進出経験を持つ、ラッパーのMC内郷丸が“ラッパー的観点”から毎月大量にリリースされるアイドルソングを定点観測。

「清 竜人25『My Girls♡』」(Youtubeより)

 今回の一曲は、先日解散を発表した「清竜人25」11月9日リリースの『My Girls♡』である。

「清竜人25(きよしりゅうじんトゥエンティーファイブ)」は、清竜人とその夫人たちによって構成される“一夫多妻制”アイドルグループである。もともとシンガー・ソングライターとして活動していた清竜人が、2014年唐突に自分がプロデューサー兼メンバーとなってつくったアイドルだ。連載初回から紹介するアイドルがキワモノである。

 恋愛のスキャンダルがメンバーの人気に多大な影響を与える女性アイドルグループのなかで、男が1人いて、しかもその男がセンター兼プロデューサー。さらに他のメンバーは夫の妻(という設定)。他の女性アイドルグループとは「絵ヅラ」が違いすぎる。アイドルたちよりもあくまで清竜人が主役。男の陰の部分というか、男そのものがどでかく画面を支配するアイドル……これがなぜ人気なのだろうか?

 もともとの清竜人のファンが見たり聞いたりしているという予想はつくが、他のアイドルに倣い、握手会やチェキ会なども行っているようだ。ライブでもアイドルファンが行う独特の掛け声「mix」が飛び交う。オタクの適応能力たるや恐るべし。

 そんな清竜人のソロ時代の代表曲といえば、『痛いよ』だろうか。

「清 竜人『痛いよ』」(YouTubeより)

 ストリングスこそ大胆に使われているものの、ピアノの弾き語りからつくられたであろうシンプルなバラードに、愚直すぎる歌詞を乗せて歌うスタイル。決して声を張り上げるわけでもないが、いまにも爆発してしまいそうなエモーションがこもっている。率直にいえば、『My Girls♡』とは作風が違いすぎる。

『痛いよ』から清竜人25の結成まで、彼はスウィング・ジャズやファンク、電子音楽まで、さまざまな音楽に接近し、アルバムごとに大きく作風を変えてきた。実際、清竜人25になっても、スウィング・ジャズやデジタルサウンドを駆使したポップスもやっている。


123
こんな記事も読まれています

解散発表! 前代未聞の“一夫多妻制アイドル”清竜人25の「セルフボースティング」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

今回の一曲は、先日解散を発表した「清竜人25」11月9日リリースの『My Girls♡』...
写真