日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 山崎樹範、ムロツヨシのせいで窮地

吉井玲の夫・山崎樹範“ブサイク面白キャラ”をムロツヨシに奪われ窮地に?

yamazaki1126トルチュオフィシャルサイトより

「ここのところ以前に比べて仕事が減ってきたようで、結婚することで自分を追い込んで奮い立たせようということのようです」(芸能事務所関係者)

 今月11日、女優の吉井怜と結婚したことを発表した、俳優の山崎樹範。

「昨年、共通の友人を介して再会し、1年の交際を経てゴールインしました。吉井さんは2000年に急性骨髄性白血病を発症して、01年に母親からの骨髄移植を受けましたが、今も女優としてドラマや舞台を中心に活躍しています。一方の山崎さんも02年の『天体観測』(フジテレビ系)で大抜擢されてからテレビやドラマに引っ張りだこだったのですが、ある俳優の出現で仕事がガクッと減ったそうです」(スポーツ紙記者)

 その俳優というのが、いまやドラマや映画だけでなくバラエティでも大活躍中の俳優、ムロツヨシだという。

「山崎さんとムロさんは、くくりとしては“ブサイク面白キャラ”というジャンルになるんです(苦笑)。そういう意味では、今まで山崎さんにはこれといった競合俳優はいなかった。年の割に若く見えますし、声優をやったりNHKの教育テレビに出たりと幅広く活動していたのですが、仕事が減ったのは正直、飽きられたって感じですかね。そこに個性の強いムロさん出てきたものだから、仕事のほとんどがムロさんに流れたそうですよ。ギャラもほとんど同じくらいですからね。ただ、山崎さんもこの結婚で自分を追い込んで『また絶対売れてやる!』と意気込んでるみたいですよ」(テレビ局関係者)

 結婚が、起死回生の一手となるか――。

最終更新:2016/11/26 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed