日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > ぶっちゃけグラドルに業界人が戦慄
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

「『暴露しない』って一筆書いて!!」ぶっちゃけグラドルの“吉沢砲”に、業界人が戦々恐々!?

 先日、処女作『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』(彩図社)が発売され、奇跡的に発売イベントも大盛況で終わりました。お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

 たくさん取材もしていただき、もはやグラビアアイドルというより“巨乳の暴露女”となった吉沢さりぃです。今回は、私がこの“ぶっちゃけ業”を始めてから気がついた、ぶっちゃけられると困る人々のお話です。

 枕営業だの、愛人契約だの、面白いだろうなぁと思えばたいていは文章にしてしまう私ですが、ネタ元の反応はあまり気にしていません。

 現在、仕事でお世話になっている人の大半は、いい意味で私のキャラを面白がってくれていて、ネタ提供すらしてくれます。ですが、一部には、すごく否定的な人もいます。私に仕事の案件を持ってきてはくれるんですが、「さりぃちゃんて、なんであんなぶっちゃけたりしてんの?」「こういうことすると、どこも君を使わないよ~。嫌がるよ~」「なんのためにそんなことするわけ?」と、質問をまくし立てられます。私は“面倒くさい人だなぁ”くらいにしか思わず、聞き流していましたが、最終的に「俺については『暴露しない』って一筆書いてくれない?」とまで言ってくるので、あまりにおかしいと思い、周りにリサーチをかけると、その人は叩けばホコリしか出ない人でした(笑)。

 また、親身に相談に乗る体で「暴露なんてしたって先がない。それより、DVDか写真集でもやろうぜ!」と言われ、心が傾きそうだったとき、まんまと“一夜を共にする”条件を出されました。もちろん、断りましたが(笑)。

 たいてい、私に対して否定的な人は書かれたら困るネタしかないか、枕しないと仕事をくれない人ばかり。クリーンな人は「こんな奴いるんだ!」くらいに思って、笑ってくれています。

 グラドルからも、コラムに対してたまにクレームを頂いたり、営業妨害していただいたりします。ですが、わざわざクレーム下さるのは、だいたい世間的に「あなた誰?」レベルのお方ばかり(爆)。いや、私が底辺グラドルなのは承知の上で、せいぜい同レベル。そんなお方に限って「グラドルのイメージが崩れる」とか「今後の仕事に差し支える」とか言ってくるんです。


12
こんな記事も読まれています

「『暴露しない』って一筆書いて!!」ぶっちゃけグラドルの“吉沢砲”に、業界人が戦々恐々!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

先日、処女作『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』(彩図社)が発...
写真