日刊サイゾー トップ > 芸能  > マギーがセクシー開眼!

“ハーフ枠の競争激化”で、マギーがセクシー開眼!「ストリップ嬢に感化されて……」

 モデルでタレントのマギーのセクシーさが、とどまることを知らない。最近の自身のインスタグラムでは、胸元を強調した写真を載せたり、背中がぱっくり開いた服を着た写真を載せたりと、生ツバものの豊満なボディーを惜しげもなく披露している。そんなマギーのセクシーさに拍車がかかった理由に、実はストリップがあるという……。

 在阪テレビ局員は「今年に入って、テレビのロケでお笑い芸人・メッセンジャー黒田有と大阪市天満にあるストリップ劇場を訪れたんです。そこで、マギーさんが踊り子さんから体の見せ方を伝授されて、感化されたみたいですね」と明かす。

 初めて触れたストリップの世界に、マギーは終始テンションが高く、実際にショーを見た後にステージに上がったり、楽屋をのぞいたりと大ハシャギだったという。

 前出のテレビ局員は「踊り子さんへのインタビュー撮影が終わってもノリノリの様子は変わらず、そのまま踊り子さんに、どうやったら美しいポーズが取れるかを熱心に聞いていたようです。踊り子さんが『一度脱ぐとすぐ慣れるんですよ』と言ったことに、大きくうなずいていたみたいです」と漏らす。

 そのロケ後に、マギーは「体の見せ方を極める」と周囲のスタッフに宣言。それ以降、頻繁に私服で地方テレビ局の番組に出演し「セクシーに見える?」「どう?」「男性目線でどう?」と、スタッフに聞いて回る姿が見られるようになったという。

 マギーといえば、今年10月に2010年から務めていた女性ファッション誌「ViVi」(講談社)の専属モデル卒業を発表。背負っていた看板がなくなり、一本立ちが求められる立場となった。芸能関係者は「限りあるハーフ枠をめぐってローラやホラン千秋、ダレノガレ明美、SHELLYらとの競争が激化している。サバイバルを勝ち抜くためのキャラ、方向性はセクシー路線で固まった」と解説する。

 ロックバンド・ORANGE RANGEのボーカルYAMATOとの交際も報じられ、私生活は順風満帆。これからは、セクシー路線でプライベートに続いて仕事も充実させてもらいたい。

最終更新:2016/12/05 10:00
こんな記事も読まれています

“ハーフ枠の競争激化”で、マギーがセクシー開眼!「ストリップ嬢に感化されて……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

モデルでタレントのマギーのセクシーさが、とどまることを知らない。最近の自身のインスタグラ...
写真