日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 菊地亜美を支えた“姉妹愛”

売れない缶バッジを売りまくった!? デビュー10周年の菊地亜美を支えた“姉妹愛”

kikuchi1212

 タレント菊地亜美の活躍の裏に、麗しい姉妹愛があった――。

 菊地は今年デビュー10周年を迎え、10月には都内でファンイベントを開催。会場ではアイドルグループ「アイドリング!!!」時代からのファンや、若槻千夏や辻希美など多くの人からお祝いの言葉が送られ、菊地は涙ながらに10年間の芸能生活を振り返った。

 菊地といえば、高校までを過ごした北海道では「自分はそこそこカワイイ」と思い込み、芸能人を志したものの、オーディションに落ちまくった過去がある。さらに、なんとか所属できた芸能事務所でもなかなか芽が出ず「アイドリング!!!」のジャケット写真では、端を飾る日々が続いた苦労人。そんな彼女を陰ながら支えてきたのが、菊地とウリふたつと評判の2歳上の姉だったというのだ。

 菊地は姉が“アゲアゲ盛り盛り”のキャバクラ嬢であることを公表しており、ファンの間ではその存在が知られている。そんな姉について、芸能関係者は「お姉さんがキャバ勤めの人脈を使って、菊地の活動を応援していたそうなんです。『アイドリング!!!』時代も、キャバクラの客に菊地の握手会に行ってもらえるよう宣伝していたり、『少しでも力になってあげたい』と、かわいい妹のことを常に気にかけていたようです」と明かす。

 そして今回、デビュー10周年にあたっても、その姉が大活躍したという。前出の芸能関係者は「菊地の所属事務所は、デビュー10周年のメモリアルイヤーを華やかにするため、菊地の公式サイトで、10年分のプロフィール写真が使用された缶バッジなどを記念グッズとして発売したんです。ところが、せっかくの記念グッズなのに、あまりその売れ行きがよくなくて……。そんな情報を聞いてか聞かずか、お姉さんが周囲に菊地の10周年記念グッズの購入を勧めていたようなんです」と明かす。

 そんな菊地は最近、1年ほど前から10キロ以上体重が増えた後、急激なダイエットで1カ月で5キロの減量に成功した。もともと太りやすい体質で、これまでもダイエットとリバウンドを繰り返してきた過去があるとか。

 これからは姉に心配をかけないためにも、体重や体調の管理に気を遣って安心させてあげてほしいところだ。

最終更新:2016/12/12 12:00
こんな記事も読まれています

売れない缶バッジを売りまくった!? デビュー10周年の菊地亜美を支えた“姉妹愛”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...…
写真