日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > サイゾー×SOD 緊急連載『明日に向って勃て!』  > SOD風俗情報サイト「kaku-butsu」が選ぶ、2016年風俗ニュース・ベスト5!

SOD風俗情報サイト「kaku-butsu」が選ぶ、2016年風俗ニュース・ベスト5!

kakubutsu1216main

 今年を振り返れば、ベッキーのゲス不倫騒動からSMAP解散、リオ五輪での日本選手団の快挙まで、実にたくさんのニュースがありました。しかし、ニュースがあったのは芸能やスポーツだけではありません。風俗業界にも激震が走るビッグニュースがありました。

 今日は年間2,500本以上の風俗ニュースを書き続けている「日刊kaku-butsuニュース」編集長・岩清水大河が、2016年の風俗ニュースBEST5をご紹介します。

5位:AV女優出演強要事件に関連してソープランドも摘発!

 今年はAV業界が揺れに揺れまくった1年で、AVプロダクションによる出演強要が問題視されました。ソフトオンデマンドも業界の健全化に取り組むため、出演する女優さんたちに確認を行い、契約書類を見直すなど、再発防止に努めています。

 このAV女優出演強要問題に関連し、AV女優が多く在籍していた吉原のソープランドが摘発されました。AVプロダクションと提携していたため、女性が強制的にソープランドで働かされている事例があるのではないかと疑いをかけられ、摘発されてしまったようです。憧れのAV女優とプレイをするのは男の夢なので、同様の摘発がないことを祈るばかりです。

4位:マイナンバーのせいで「おっパブ嬢」が激減!

 キャバクラやスナックで働いている女性にはマイナンバーの提出が義務づけられるようになり、昼はOL、夜はキャバ嬢という女の子が激減してしまいました。素人感のあるキャバ嬢は、それはそれで魅力だったのに、滅多に出会えなくなってしまいました。

 さらに深刻なのが、「おっパブ嬢」が激減していることです。おっぱいパブもまた「パブ」ということで、働く女の子たちにマイナンバーの提出が義務づけられており、おっぱいパブで働く女の子が激減。今、残っている女の子たちは、おっぱいパブをはじめ、風俗業だけに従事している女の子が大多数で、素人感は一気に低下。一説には「おっパブ嬢のレベルは著しく低下した」とも言われており、よく考えてみれば、マイナンバーがあるからって私たちの生活が便利になったことなんて一つもなく、むしろ面倒臭いことばかりで、総務省の天下り100%のマイナンバーには、つい恨み節が出てしまいます。


12

SOD風俗情報サイト「kaku-butsu」が選ぶ、2016年風俗ニュース・ベスト5!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真