日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > のん『あまちゃん2』に現実味

干され女優・のんを「NHKが全力後押し」!? 相次ぐ朝番組起用は『あまちゃん2』実現の予兆か

干され女優・のんを「NHKが全力後押し」!? 相次ぐ朝番組起用は『あまちゃん2』実現の予兆かの画像1

 民放各局から“干され”状態にある女優の“のん”が21日、情報番組『あさイチ』(NHK)に生出演した。

 のんは、番組に出ずっぱり。「今年中にしたいこと」を聞かれると、「ちょっと髪が重たくなってきたので(切りたい)」と素朴に答え、共演者から「すぐにできる!」とツッコまれたほか、声優として主演を務めたアニメ映画『この世界の片隅に』の名ゼリフ「あちゃ~」や、話題の絵本『おやすみ、ロジャー』(飛鳥新社)の朗読を披露した。

 また、埴輪のキャラクター「はに丸」が「週刊文春」(文藝春秋)編集部を訪れ、「ゴシップ記事を書かれた人のこと、どう思ってるの?」などの直球質問を投げかける企画を放送。同社の担当者は、「人間って面白いもので、立派な部分だけが知りたいわけじゃない」「知りたい人たちの期待に応えるのが、僕らの仕事」などとコメント。この時、のんはワイプに映るのみだったが、独立騒動時に週刊誌に追い回されていただけに、ネット上では「のんちゃんが、つらいこと思い出さなきゃいいけど」「のんちゃん、こんなの見せられて大丈夫かな……」と心配するファンが続出した。

「騒動時、『文春』は能年に同情的なスタンスを取っていたほか、改名したのんが同誌のインタビューやグラビアページに登場するなど、同誌とは友好関係を築いているようですよ」(芸能記者)

 のんといえば、『この世界の片隅に』のプローションを続けてきたものの、民放はほぼスルー。一方、NHKは10月放送の報道番組『おはよう日本』で同映画を特集し、のんの単独インタビューを放送。『あまちゃん』以来、3年ぶりに“NHKの朝”に帰ってきたのんに「おかえり!」とネットが沸くと同時に、多くのファンが「NHKが、のんちゃん復活をバックアップするという宣言では?」と期待をにじませていた。

「最近は、オリジナルキャラクター『ワルイちゃん』のグッズ展開や、『LINE LIVE』の配信番組など、個人的な活動が目立つのんですが、バーニング系列であるレプロの圧力により、本業の女優活動はままならない状態。しかし、NHKにとっては、不振に陥っていた“朝ドラ”の人気を復活させた功労者ですから、『あまちゃん2』の実現とはいかないまでも、夜の連ドラ枠や、時代劇あたりに起用する可能性はありそう」(同)

 レプロとの話し合いが進まず、依然として冷戦状態が続いているのん。主演女優に返り咲く日は、訪れるだろうか?

最終更新:2017/06/13 20:20
こんな記事も読まれています

干され女優・のんを「NHKが全力後押し」!? 相次ぐ朝番組起用は『あまちゃん2』実現の予兆かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

民放各局から“干され”状態にある女優の“のん”が21日、情報番組『あさイチ』(NHK)に...
写真