日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キムタクVS草なぎ対決は両者負け

「元SMAP」の看板に価値なし! キムタクVS草なぎ対決は、どっちも負け?

「元SMAP」の看板に価値なし! キムタクVS草なぎ対決はどっちも負け?の画像1

 昨年大みそかでSMAPが解散となり、ソロ活動をスタートさせた木村拓哉。1月11日、主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の試写会で報道陣に抱負を聞かれると、「全力で」と笑顔を見せた。だが、その気合と裏腹に、同ドラマのスタートは決して好調とはいえないようだ。

「今クール最大の注目は、火曜ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)で主演している草なぎ剛との直接対決です。グループ解散騒動以降、代表曲『世界に一つだけの花』は累計300万枚超のセールを記録しただけに、“元SMAP”の肩書にスタッフも期待を寄せていました。ところが、フタを開けてみると、『嘘の戦争』第1話の視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。このままだと、2ケタを維持するのがやっとといったところでしょう」

 これまで草なぎと木村が、同じクールでドラマ主演することは過去に4度あり、いずれも木村に軍配が上がっている。「今作で草なぎが連敗をストップするのでは?」といわれていたが、『A LIFE』の第1話視聴率は14.2%と、木村のリード。やはり今回も、木村の勝利となるのだろうか?

「そう簡単ではありません。事前にあるネットメディアが行ったドラマの期待度調査では、『嘘の戦争』が1位、2位は『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で、『A LIFE』は3位。しかも、2位に2倍以上の差をつけられる結果となっています。放送前、キムタクは番宣に出まくっていましたが、『関口宏の東京フレンドパーク2017 新春ドラマ大集合SP!!』(TBS系)のエアホッケー対決では、ペアを組んだ共演の松山ケンイチを完全無視した独り善がりなプレーで、大バッシングを浴びました。また、妻の工藤静香がインスタを開設して夫婦仲をアピールしようとしたものの、逆に『ファン心理がわかっていない』と叩かれてしまった。相変わらず、逆風が吹き荒れています」(芸能ライター)

 また、民放のドラマプロデューサーは、こう懸念する。

「『嘘の戦争』と『A LIFE』の数字を見て、“元SMAP”の看板には、それほど価値がないことがはっきりしました。木村のドラマは医療モノですが、内容は予定調和で目新しさもない。通常のドラマの制作費は1話4,000万円ほどが相場ですが、元SMAPが主演の場合、コケさせないようキャストを豪華にせざるを得ない。聞くところによると、『嘘の戦争』で1話6,000万円、『A LIFE』に至っては1億円といわれています。これでは、最低でも視聴率15%以上を取れなければ大赤字は必至。つまり、2人の対決は“どちらも負け”でしょう」

 昨年末には解散が惜しまれたSMAPだが、2017年に入り、早々に「オワコン」のレッテルを貼られてしまいそうだ。

最終更新:2017/01/19 08:00
こんな記事も読まれています

「元SMAP」の看板に価値なし! キムタクVS草なぎ対決は、どっちも負け?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真