日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 一発屋8.6秒バズーカーの今

“ゲス不倫”報道の8.6秒バズーカー・はまやねん、本業の悲しい現状「客席が静寂に包まれ……」

ゲス不倫報道の8.6秒バズーカー・はまやねん、本業の悲しい現状「客席が静寂に包まれ……」の画像1撮影=後藤秀二

 数年前、「ラッスンゴレライ」ネタでブレークしたお笑いコンビ・8.6秒バズーカーのはまやねんが26日、「フライデー」(講談社)の不倫報道を完全否定した。

 記事によれば、はまやねんは昨年9月、鳥取県在住の一般人女性との間に男児が生まれ、入籍したものの、なぜか公表せず。鳥取県に妻子を残したまま、東京で複数の美女と浮気を繰り返していたと報じられている。

 同誌は、chay似美女とラブホテルに入る姿をキャッチ。しかし、はまやねんは記者に「ずっと1階のスペースでお茶してました」などと釈明。自身のTwitterでも、「全くの誤解」と「フライデー」の報道を訂正している。

 デイリースポーツの取材に対しても、「ラブホには行ったが、何もせず」と、苦しい言い訳を続けてるはまやねんだが、ネット上では「クズ」「最低」といった批判と共に、「落ち目なのに、なんでモテるの?」「つまんないのに、なんでモテるんだ?」といった声が相次いでいる。

 8.6秒バズーカーといえば、言わずと知れた一発屋芸人。昨年以降、テレビで見る機会はほぼなくなり、すっかり「あの人は、今」状態となっている。

 また、はまやねんの態度の悪さは、業界内では有名。「打ち合わせで、帽子やサングラスを取らない」「イベントに遅刻する」「ADに高圧的」「そのくせ、アドリブトークができない」などと悪評が広まり、みるみる露出は減っていった。

「ネームバリューはあるので、地方営業の仕事で稼いでいますよ。デキ婚した奥さんも、学園祭の営業でファンレターを渡してきた女性だといいますから、各地で遊んでるんじゃないですか? ただ、地方でもてはやされても、ヨシモト∞ホールでは、全くウケない。8.6秒バズーカーが登場すると、客席は静寂に包まれ、地獄のような空気が漂います」(よしもと関係者)


12
こんな記事も読まれています

“ゲス不倫”報道の8.6秒バズーカー・はまやねん、本業の悲しい現状「客席が静寂に包まれ……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

数年前、「ラッスンゴレライ」ネタでブレークしたお笑いコンビ・8.6秒バズーカーのはまやね...
写真