日刊サイゾー トップ > 芸能  > ラルクhydeのアヒル口に物議

美しすぎるおっさん!? ラルク・hydeの“スッピン風メーク&アヒル口”が物議

美しすぎるおっさん!? ラルク・hydeのスッピン風メーク&アヒル口が物議の画像1

 1月29日、ロックバンドL’Arc~en~Cielのhydeが、自身のインスタグラムでスッピン画像を投稿した。この日、48歳の誕生日を迎えたhydeの素顔に、ファンから「アラフィフとはとても思えないほど若々しい」との声が相次いでいる。

「テレビ番組など動いている映像は、それなりにオッサンですけどね(笑)。あくまでも、スッピン風のメークだと思います。昨年末にも、DAIGOがhydeとAcid Black Cherryのyasuのスリーショットをインスタグラムにアップしていましたが、hydeはやはり“スッピン風”でした。女性芸能人でもないのに、このスッピンアピールはなんなのでしょうね」(音楽ライター)

 だが、一方で「痛い」との声が上がっているのが、投稿画像におけるhydeの表情。怒ったように口をとがらせており、いわゆる“アヒル口”である。

「このアヒル口というのはhydeがよくする表情で、ネットで検索すると多く見つけることができます。年がいもなく、アヒル口でスッピンをアピールしたりするのは、浜崎あゆみを思わせる痛さですよね。あゆの場合、加齢への焦りから若々しく見せようとして、それが逆効果になっているのですが、hydeにも同じことが言えるのでしょう。ビジュアル系のミュージシャンも歳を取れば容色は衰えるし、ノーメークだと普通の中年男ですからね。LUNA SEAの河村隆一なんて、その典型ですよ。そうした中ではhydeの劣化は少ないほうですが、それでも女性芸能人並みの美意識で容色の衰えが許せないんでしょうね」(同)

 ビジュアル系の中でもとりわけ美青年ぶりで知られてきたhydeだが、年相応のルックスというものがあるはず。あまりに若々しさにこだわりすぎると、嘲笑の的になりかねない。

最終更新:2017/02/06 12:49
こんな記事も読まれています

美しすぎるおっさん!? ラルク・hydeの“スッピン風メーク&アヒル口”が物議のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...…
写真