日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 前田敦子の“キレ芸”が光る!

低空飛行を続ける『就活家族~きっと、うまくいく~』前田敦子の“キレ芸”が光る!

低空飛行を続ける『就活家族 きっと、うまくいく』前田敦子のキレ芸が光る!の画像1テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』番組サイトより

 物語も折り返し地点に突入した、テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』。後半戦を占う16日放送の6話の視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。低空飛行状態ともいえそうです。

 6話のレビューに入る前に、見事なまでの転落を完遂した富川一家4人の現在の状況を軽く振り返りましょう。

 父・洋輔(三浦友和)は、大企業のエリート社員。長年の社畜生活が功を奏し、役員の打診を受けていました。ところが、同僚の策略によって、洋輔に思いを寄せる後輩社員・川村優子(木村多江)に“セクハラ”を働いたとのレッテルを貼られてしまいます。我がプライドが許さない洋輔は、会社を退職。その後、職探しをしますがエリート社員たるプライドと経歴が邪魔をして無職のままです。

 母・水希(黒木瞳)は、中学教師。長く仕事を続けたいと思っていましたが、自身の起こした問題が元で、その計画が水の泡に。さらに上司である校長との折り合いがつかず、学校を退職。癒やしを求めて足を踏み入れたホストクラブに、どっぷりハマってしまいました。

 娘の栞(前田敦子)は、職場でセクハラに遭っていましたが、恋人の真壁雄斗(渡辺大)の部署に転属に。そこで新たなスタートを切るつもりも、上司の中原綾子(山本未来)との確執が決定的に。というのも、真壁と中原は以前に関係があったからなんですね。栞は一方的に中原に退職願を叩きつけます。

 名は体を表すではないですが、唯一上手くいってそうに見えるのが息子で、絶賛就活中の光(工藤阿須加)。「国原就活塾」で国原耕太(新井浩文)の指導の下、内定を掴みかけますが、憧れていた経済誌の編集部でのアルバイトに没頭し、内定を蹴ってしまいました。

 前回の終わりで、やっと失業したことを家族に告白した洋輔。水希のホスト狂いと抱き合わせでの最悪のタイミングの告白で、家族の心はバラバラになってしまいました。家族4人で囲んだ食卓はゴミの山になり、水希は家族を放ったらかして、温泉旅行へ。

 助っ人として手伝った店舗の規模拡大の一件の報酬を同級生の夏野久美(キムラ緑子)から受け取り、社畜としてのプライドを少しだけ取り戻した洋輔は、晴れ晴れとした表情に。そんななか、かつて「私とあなたは違う」と、強烈なマウンティングをぶつけていた天谷五郎(段田安則)から、自営のコンサルタント業を勧められ「コンサルタント料ってのをもらったのが嬉しくてですね……」なんて言っちゃう始末。まるで学習してない!


12
こんな記事も読まれています

低空飛行を続ける『就活家族~きっと、うまくいく~』前田敦子の“キレ芸”が光る!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

物語も折り返し地点に突入した、テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』。後半戦を占う...
写真