日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 三浦友和“モップ大立ち回り”の影響

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族 ~きっと、うまくいく~』三浦友和“モップ大立ち回り”の影響は

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』三浦友和モップ大立ち回りの影響はの画像1テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』番組サイトより

 希望と絶望のコントラストが光る、ホームドラマ(?)いや、社会派ドラマ(?)、テレビ朝日系『就活家族 きっと、うまくいく』。後半戦に突入した同ドラマの第7話の視聴率は、9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上昇。根強く健闘しているともいえます。

 再就職の道を諦め、自営のコンサルタント業を開業した富川洋輔(三浦友和)が、バイトの清掃業でやってきた現場は、同僚の綿引(神保悟志)の策略によって追放された、かつて職場、日鉄鋼でした。

 憎き綿引は、「こんなところまで落ちぶれてないだろ」と、清掃業の仲間たちをあざ笑います。洋輔は、どんな職業であっても、仕事に対する強い誇りを持つ男。自身のことよりも、清掃業のバイト仲間たちを侮蔑した綿引が許せず「働いている人たちに失礼だろ!」とモップを片手に大立ち回り。

 そういえば、第1話で自分が不採用にしたメインバンクの頭取の息子を、会社のために取り込もうとするときに、同じようなことを言っていましたね。家族を引っ掻き回したり、タイミングが悪かったりする洋輔ですが、行動の原理はものすごく単純なものなのです。

 いつもだったら、洋輔のこのうざったいくらいの“熱さ”が、悪い方向に転ぶのですが、この一件で清掃業の仲間から信頼を得ることになりました。バイトの後に立ち寄った中華料理屋で、上司から「富川さんの言葉に救われました。みんなもそうだと思います」と言われ、「今日のラーメンは格別ですねぇ……」と無邪気に喜ぶ洋輔。なんか危なっかしいぞ……!

 妻の水希(黒木瞳)といえば、バイトで始めた生花店から正社員採用の打診を受けます。教師職への未練を断ち切れない水希は、回答を渋っている模様。

 息子の光(工藤阿須加)は、ウェブメディア系の企業から内々定をゲット。ところが、勤務先が実家から遠く離れた、名古屋になる可能性が高くなりそうです。光は、転落していく洋輔と対照的に、どんどん好転していきます。第1話で触れた“持つもの持たざるものである洋輔と光”の関係性ですが、完全に逆転し、それが再び元通りになるのは絶望的かもしれません。

 娘・栞(前田敦子)はどうでしょう? 恋人の真壁雄斗(渡辺大)の紹介で、有名アパレルブランドに売り込みの日々。一度は門前払いをされたものの、後日また訪れると見習いでおいてやるということで、道が開きました。ところが、見習いでもらえる月給は10万円ほど。これを受けて、栞は結婚を強行させようと、真壁を自宅に招きます。


12
こんな記事も読まれています

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族 ~きっと、うまくいく~』三浦友和“モップ大立ち回り”の影響はのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

希望と絶望のコントラストが光る、ホームドラマ(?)いや、社会派ドラマ(?)、テレビ朝日系...
写真