日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > バナナマン日村の意外な“内面”

「平手打ち事件」にも終始オトナの対応……バナナマン・日村勇紀の意外な“内面”って?

「平手打ち事件」にも終始オトナの対応……バナナマン・日村勇紀の意外な内面って?の画像1

 バナナマンの設楽統と日村勇紀が、24日深夜放送のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、日村がファンからビンタを受けた事件に言及した。

 その事件というのは、18日に都内で開催されたバナナマンのDVD発売記念の握手会で、ファンの1人が日村をいきなり平手打ちしたトラブル。会場は一時騒然としたが、日村は驚きながらも笑顔で対応し、事なきを得た。だが、場合によっては傷害事件に発展しかねなかっただけに、日村の“神対応”に称賛の声が集まる一方で、行きすぎたファンの悪ふざけが批判を浴びていた。

「イジられキャラの日村はいろんな番組の中で、罰ゲームなどと称して相方の設楽にビンタされたりするため、自分もやって大丈夫だとファンが勘違いしたのでしょう。設楽も自分たちの世界観が変な形で伝わってしまったと、反省しきりでした」(お笑いに詳しい芸能ライター)

 冗談めかしながら「今度やったら、やり返すからな」と、ファンにくぎを刺す設楽に対して、日村は「俺みたいなキャラクターはイジられて得する部分もあるから、ぶっちゃけ嫌とも思っていない」と終始、オトナの対応。だが、「日村も本音では怒り心頭だったのでは」と話すのは、くだんの芸能ライター。

「設楽のドSキャラぶりが際立っているので意外かもしれませんが、怒らせたら面倒臭いのは日村のほう。ああ見えて親分肌の日村は、たびたび後輩芸能人を引き連れて海外旅行に出かけたりしていますが、旅行中に後輩たちが少しでも礼儀を欠くと、延々と説教をするほど。日村の逆鱗に触れて、交際を絶たれた後輩芸人もいますからね。上下関係や礼儀には、めっぽううるさいんです。ブサイクだのイジられキャラだのと言われていますが、あくまでもそれはビジネス上にすぎず、本人としては内面は二枚目そのもの。だから、自分がナメられたと感じると怒りをあらわにすることもあるので、周囲は気を遣っていますよ」(同)

 最近は握手会など、芸能人とファンが直に接する機会が多いだけに、エスカレートしたファンによるトラブルが増えている。日村のようなキャラの芸人にとっては、災難だったと言うしかないだろう。

最終更新:2018/12/07 18:40
こんな記事も読まれています

「平手打ち事件」にも終始オトナの対応……バナナマン・日村勇紀の意外な“内面”って?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

バナナマンの設楽統と日村勇紀が、24日深夜放送のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGO...
写真