日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > SF大作だった!?『就活家族』

SF大作だった!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則“働かせすぎ”問題

 そんな平行線の水希と洋輔の関係を動かすのは、天谷五郎(段田安則)。マンションをちょっとでも高く売りたい洋輔のために、必死になって交渉し、洋輔に自営のコンサルタント業を勧めたのも彼。今回は2人の間に入り、財産分与などの離婚に際したあれやこれを受け持つことに。働きすぎです。富川夫妻が酷使したせいなのか、天谷は体調を崩して倒れてしまいます。しかも、富川のマンションで。

 天谷を“友人”として信頼している洋輔は、病床に伏す天谷の代わりに天谷が抱えていた仕事を「経営コンサルタント」として受け持つことに。まるで『走れメロス』みたいです。同級生の夏野久美(キムラ緑子)の店舗をコンサルティングしたときとは違い、メラメラとやる気をたぎらせます。

 姿を見せない天谷の妻に、洋輔が電話をすると驚くべき真実が判明します。洋輔を励まし続けたこの男、実はすでに妻と離婚して家庭を失っていたとのこと。SF小説『夏への扉』、映画『ターミネーター』よろしく、天谷は自身の経験から洋輔の未来に起こりうることを予想し、最悪の結末を避けるために道を示していたわけです。

 ところで息子の光ですが、恩師である国原耕太(新井浩文)が新しく始める福祉事業に誘われ、完全にそっちを向いてしまいます。マンション売却でなくなった住む場所も、国原から無償で提供され、光の国原への信頼は強いものに。一方で、洋輔への要求は大きなものとなっていきます。これを俯瞰でみると、国原が光を人質に取る格好に。

 絶体絶命まで追い詰められた富川一家。ですが、アルバイトしている編集部で就活塾特集の記事を光が担当することとなり、国原の就活塾が“悪徳”だと言われる理由を取材し始めます。国原の化けの皮を剥がし、地獄へ叩き落とすのはおそらく光。なんとなくここも寓話的。

 インドに行くか? それとも家族を取るのか? この2つに1つの選択から、洋輔は家族を選びました。きっと、洋輔は旧来の家族のあり方の代弁者で、水希は10年代の家族のあり方だと思うんです。でも、そんな洋輔は家族を選んだ。ここにはすごく意味があって、旧来の家族のあり方では、今現在のそれに当てはまらないと宣言したシーンなのではないでしょうか。映画やドラマ、アニメ作品でも“地縁、血縁にとらわれない家族の姿”というテーマを扱うことが多くなってきた気がします。

 さて、次回はいよいよ最終回。離婚するのか否かは次回に持ち越し。ほかにも栞の結婚、洋輔に言い寄る川村優子(木村多江)の存在、国原の件など、問題は山積み。これらの障害を乗り越えた先に待つ“家族”って、どんな姿なんでしょうか。
(文=どらまっ子HAYAちゃん)

最終更新:2017/03/23 15:44
12
こんな記事も読まれています

SF大作だった!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則“働かせすぎ”問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

最終回を目前に控えた、テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』。2日放送の8話の視...
写真