日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > SF大作だった!?『就活家族』

SF大作だった!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則“働かせすぎ”問題

ついに離婚か!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則働かせすぎ問題の画像1テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』番組サイトより

 最終回を目前に控えた、テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』。2日放送の8話の視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上昇。同じ枠のドラマでは他局をおさえ、最終回に向けて順当に上昇していると言えそうです。

 一家全員失業という転落ぶりだった富川一家ですが、失業したことで、仕事の大切さとともに、以前よりも家族らしくなっていく様子が見られました。しかし前回、一家が社会復帰を目前としたところで、今度は物理的に一家離散の危機に晒されます。

 夫・洋輔(三浦友和)に、失業をはじめとするいくつかの隠し事が判明したことで、妻の水希(黒木瞳)の心は完全に離れていった模様。

 そんなおり、洋輔は以前の職場の社長からインドに新設する関連会社の社長就任を打診されます。洋輔が退職するに至ったのが、同僚の策謀によるものだったという事実が証明されたからです。

 同じタイミングで、息子・光(工藤阿須加)は内定が決まっていましたが、職場が名古屋になるとのこと。娘の栞(前田敦子)は、恋人・真壁雄斗(渡辺大)と結婚となれば、真壁の地元・広島に嫁ぐことになりそうです。

 今回は、すれ違いが重なり、離婚が決定的となりつつある水希と洋輔を中心に見ていきましょう。

 水希は、誇りを持っていた教師の仕事を辞めてから、生花店でアルバイトを始めました。店長の勧めもあって正社員に登用された水希は、手がけた商品企画が即採用されるなど絶好調。ドラマの冒頭から、ことあるごとに花言葉や花の知識をひけらかしていたのは、伏線だったんですかね? それにしても、教師時代よりも生き生きとしてきた水希を見ていると、よかったなあと思ってしまいます。

 先輩社員の離婚の顛末を聞いて、洋輔との離婚を推し進めることを決めた水希。正社員として籍を置く生花店では、社員のためにアパートを貸し出しており、あとは財産を整理するだけ。あんなに反対していたマンションの売却も、勝手に進めてしまいます。

 一方、新天地インドでの社長の座が約束された洋輔。家族とは遠く離れてしまいますが、以前の職場で打診されていた役員職をはるかにしのぐ収入。勢いで購入してしまった一軒家のローンも問題なく、いいことばかりです。

 しかし、「家族は常に一緒にいるべき」という、ある意味で旧来の考え方に固執する洋輔の表情は曇りがちです。そんな洋輔に対して「家族はいずれバラバラになるもの」と、水希はまるで呪詛のように何度も繰り返します。


12
こんな記事も読まれています

SF大作だった!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則“働かせすぎ”問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

最終回を目前に控えた、テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』。2日放送の8話の視...
写真