日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 中井りか登場!『豆腐プロレス』

NGT48から中井りかが登場! 思わず涙する『豆腐プロレス』は“フェイクドキュメンタリー”なのか

NGT48から中井りかが登場! 思わず涙する『豆腐プロレス』はフェイクドキュメンタリーなのかの画像1テレビ朝日系『豆腐プロレス』番組サイトより

 主人公・宮脇咲良(役名同じ)がこたつに入り寝転がりながらテレビを観ていると、架空のスポーツドキュメンタリー番組『アスリートGet You』で、「WIP不動のチャンピオン~栄光と苦悩~」と銘打ち、ハリウッドJURINA(松井珠理奈)が特集されている。

「自分の居場所が欲しかったから」という理由から11歳でWIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)の門を叩き、矢崎英一郎(渡辺いっけい)にその才能を見出されたハリウッドJURINAは、すぐに頭角を現し、15歳でWIPチャンピオンに。

 しかし、チャンピオンになってしまったら、あとは落ちていくだけ。「頑張るのが難しくなったというか、楽しくなくなっちゃったんですよね」と過去を振り返るハリウッドJURINA。そんな孤独なハリウッドJURINAを、パートナーのエメラルドHARUKA(兒玉遥)との出会いが変えた。『アスリートGet you』では、“地味で慎重”と評される、自分とは真逆のタイプのエメラルドHARUKAに絶大な信頼を寄せるようになったハリウッドJURINA。2人でプロレスについてさんざん話したあとも、家に帰るとエメラルドHARUKAの携帯電話にはハリウッドJURINAからのメッセージが何十通も来ているのだ、とエメラルドHARUKAは語る。

 別の回の『アスリートGet You』。ユンボ島田(島田晴香)は荒れた中学時代に警察沙汰になっていた頃、矢崎に「その情熱をプロレスにぶつけてみないか?」と声をかけられ、プロレスの世界へ。その後、クイウチ松村(松村香織)と工事現場同盟を結成するまでが語られる。インタビュアーのシャツを破るなどし、わかりやすく悪役を演じてみせる工事現場同盟のメンバーたち。その破天荒さと、どこか全体的にチープな映像や展開は、『有吉AKB共和国』(TBS)で当時の研究生たちが見せた、コントを思い出す。

 ほかにも、“デビューが待たれる注目の新人”として中井りか(役名同じ)が紹介される。オクトパス須田(須田亜香里)、バトンかとみな(加藤美南)、コマネチ湯本(湯本亜美)、バード高柳(高柳明音)といった、過去の試合にも登場していたメンバーたちが、それぞれ中井についてコメント。その中でも、イケメン木下(木下百花)も映像を残しているが、トランプを見て黙っているだけで、ミステリアスなキャラクターを貫いたままだった。

 興行を控える「ファイヤードリームマッチ」に先駆けて記者会見を開いた矢崎。ここで2つのことが発表された。

 一つは、錦糸町道場とのマッチが組まれたことの正式なアナウンス。先の映像では「なんかズルい」「ちょいちょいムカつく」「とにかく全然真面目に練習しない」とメンバーたちに評価されていた中井も、“可能性だけはマックス”ということで「MAX中井」という、某YouTuberが頭に過るようなリングネームで、ついにデビューすることが発表された。その後、オクトパス須田、バード高柳、コマネチ湯本が錦糸町道場との対戦に派遣されることが矢崎から言い渡される。

 AKBグループには「推され(メディアなども含め活躍の機会が多く与えられているメンバー)」「干され(活躍できる場所が劇場公演など一部に限られているメンバー)」という言葉があるほどで、メンバー間の格差が露骨である。さきの中井へのコメント映像の使われ方からも、運営からの「推され」かどうかの序列が透けて見えるようだったが、この発表もメンバー間の格差が見せつけられた形だ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed