日刊サイゾー トップ > 芸能  > “黒歴史タレント”永井大、前途多難

「少しでもウワサがあればキャスティングできない」“黒歴史タレント”永井大の多難な前途

「少しでもウワサがあればキャスティングできない」黒歴史タレント永井大の多難な前途の画像1

「5月に第1子が生まれる予定ですから、本人はバリバリ仕事をしたいんでしょうけど、今の状態では地上波で声がかかることはほとんどないでしょうね。ただでさえ、2時間ドラマは減少していますし。過去にトラブルを起こしたり、なんらかの疑惑が報じられたタレントは、今は現場判断でキャスティングの候補にも挙がらないようです」(芸能事務所関係者)

 2014年12月に女優・中越典子と結婚した俳優・永井大。まもなく待望の第1子が誕生するが、その前途は多難だという。

「今、WEB系ではドラマをはじめ各ジャンルの番組が増えている一方で、地上波は2時間ドラマの減少やコンプライアンス上の問題で、少しでも社会的な問題を起こした人や、その人とつながりのある人への風当たりが相当強くなっているんです」(バラエティスタッフ)

 永井といえば、暴力団関係者との黒い交際や、ペニーオークションに関わる疑惑に加え、覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)容疑で起訴された高知東生と昵懇の仲だった。

「“ペニオク騒動”でいうと、ほしのあきさんや小森純さんは騒動前からは想像もつかないくらい露出は減っています。局としても、スポンサーが最近はかなり細かいところまで気にしますから、クスリ関係や暴力団とのつながりがウワサされた人は、たとえ真実でなくても敬遠するきらいがあります。実際、永井さんがいたポジションには逆輸入俳優の大谷亮平さんがハマってますからね。もし、黒いウワサがあるような人をキャスティングの候補にでも出そうものなら、上層部から飛ばされたりするといった話も聞きました。事務所としても、地方のイベント等でしのぐしかないんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

 妻・中越の気苦労は、しばらく絶えない……。

最終更新:2017/03/07 22:30
こんな記事も読まれています

「少しでもウワサがあればキャスティングできない」“黒歴史タレント”永井大の多難な前途のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

「5月に第1子が生まれる予定ですから、本人はバリバリ仕事をしたいんでしょうけど、今の状態...
写真