本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

“ご意見番”梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」

ご意見番梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」の画像1梅沢富美男オフィシャルブログより

 ベテラン俳優の梅沢富美男が、ブレーク中だ。ここ数年、芸能人のスキャンダルが起こると、“芸能界のご意見番”として、舌鋒鋭くぶった切り、さらに世間を騒がす社会問題では歯に着せぬ“頑固オヤジ”コメンテーターとして、さまざまな情報番組で引っ張りだこだという。その昔、梅沢と浅からぬ因縁があった筆者からすれば、この状況は驚きだ。

 大衆演劇全盛の1970年代後半、「梅沢劇団」を主宰していた梅沢は、女形としておばさんたちから脚光を浴び、歌舞伎界の坂東玉三郎にあやかって、“下町の玉三郎”と呼ばれていたが、世間一般の知名度は低かった。その梅沢がメジャータレントとして頭角を現したのが、82年に西田敏行と木の実ナナが主演したドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』(TBS系)に出演し、同年にリリースした「夢芝居」という曲が大ヒットしてからだ。83年には『NHK紅白歌合戦』にも初出場した。

 その頃、劇団関係者が、日本テレビのワイドショーのリポーターだった故・梨元勝さんに「梅沢の女性スキャンダルがある」と接触。梅沢の役者生命に関わる“疑惑”を提供してくれたのだ。しかし、内容があまりにもショッキングだったために、ワイドショーでは扱えないと判断して、当時、梨元さんと親交があった筆者に話が振られてきたというわけだ。

 筆者は、梨元さんと一緒に情報提供者に話を聞いて取材を開始。しばらくたってから「梅沢のマネジャー」と名乗る人物から、筆者が不在時の自宅に深夜、電話があった。電話に出た妻に、その自称マネジャーは関東の指定暴力団の名前をチラつかせて、「取材はやめろ!」という脅しをかけてきたのだ。

 帰宅後、おびえる妻から話を聞いた筆者は憤りを覚えた。筆者を脅すならともかく、妻は一般人。妻の不安を少しでも取り除くために、翌日、妻とともに所轄の警察署に被害届を出すと同時に、そのことをマスコミに公表した。

 すると、さっそく何社か取材に来たが、中でも熱心だったのがマガジンハウスから出版されていた「週刊平凡」(現在は休刊)の記者だった。

 この記者に、脅されたきっかけになった“女性スキャンダル疑惑”について概要を話すと、「一緒にうちでやりませんか? デスクに了解を取ってあります」と言われたので、圧力に屈せず、取材を続行することになった。


12
こんな記事も読まれています

“ご意見番”梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...…
写真