日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 高野りょーすけ東大を飛び出したワケ
『現役東大生が1日を50円で売ってみたら』発売記念インタビュー

「東大生に50円の価値もない」月給1,500円!? 高野りょーすけが“日本の最高学府”東京大学を飛び出したワケ

「東大生に50円の価値もない」月給1,500円!? 高野りょーすけが日本の最高学府東京大学を飛び出したワケの画像1

「おっさんレンタル」「レンタル彼女」……と物に限らずありとあらゆる体験が“レンタル”できるようになった昨今、インターネットやSNSを介して、自らの時間のレンタルを受け付ける人たちが出てきた。1日50円という労基署も真っ青な金額で、レンタルを受け付ける男がいる。なぜ、彼はフルタイムで働いても月給にして1,500円にしかならないこの生活を始めたのか? そんな「1日を50円で販売する」生活の中で出会った、さまざまな人々との交流をまとめた『現役東大生が1日を50円で売ってみたら』(KADOKAWA)を上梓した、著者の高野りょーすけ氏に話を聞いた。

「東大生に50円の価値もない」月給1,500円!? 高野りょーすけが日本の最高学府東京大学を飛び出したワケの画像2

――1日を50円で売るきっかけは、そもそもどういった経緯だったんですか?

高野りょーすけ(以下、高野) 大学で留年してしまって、どうしようかなって思っていたら、「おっさんレンタル」とか「レンタル彼女」とか、自分の時間を売る方々を見つけたんですよ。自分もいろんな依頼に応えていけば、長所が見つかるのかもなって思ったんです。「おっさんレンタル」が1時間1,000円とか……「レンタル彼女」は、8,000円でしたかね。それで、この金額で売ったとしても、買ってくれるのかなって不安になっていたところ、その中で最安値だった50円で、やってみようかなというのが始まりです。

――本書にも書いてありますけど、勉強が自分の長所だったけど東大に入ったらそうでもない。落胆した気持ちが強かったですか?

高野 勉強で1番にならなきゃってずっとやってきて、合格したんですけど入ってみたら周りもみんな勉強できる。その中で医者を目指す人だったり、弁護士になりたい人だったり、官僚になるぞ、みたいな人がうじゃうじゃいて、その人たちと比べて自分は取りえがあるわけでもないですし、将来これで食っていこうみたいなのもなくて。ある種のコンプレックスはありましたね。完全に埋もれて、やばいなって思いました。

――1日って、24時間を50円で売っているんですか?

高野 泊りがけもありますけど、ほとんどが数時間ですね。午前中は、この人、午後はこの人って場合もあります。1日に3件と4件入る日とかもありますね。月給にすると1,500円、今月末に控えているのが、お話してください1件、仕事の相談1件、一緒にご飯食べてください1件とラジオ出演で1日に4件入っている日があります。

――出会った人で、印象に残っている人っています?

高野 最近だと、不登校の小学生がいましたね。いじめで、小4から小6の2年間、学校に行けてなくて、お母様から「うちの子と遊んでほしい」って依頼。なんだろうな……まさに勉強が通じない世界というか、勉強がまったく役に立たないんですよ、その子と話していると。僕は東大入試をひいひい言いながら突破したけど、その能力じゃこの子を救ってあげることができないんだなって心の底から感じました。結局、その依頼は、2~3時間カードゲームとかして遊んで、話せば学校に行くきっかけの一つになるかなって思っていたんですけど、まだ学校に行けてないみたいで、役に立てたのかどうか。

――依頼は、全部受けているんですか? それとも選んでいますか?

高野 基本的には受けます。だけど、「宿題をやってください」っていうのは、ちょっと無理だと。僕は全然やってもいいんですけど、それが大学にバレたらその頼んだ人も一緒に世間にさらされるかもしれないから、断っていますね。あとは、地方に住むお母様からご依頼がありまして、地方で情報もないから、勉強のコツとか、これから1年間どうやって計画を立てたらいいか、来年受験の息子のために教えてくださいって依頼がありました。それで「それって、息子さんは知っているんですか?」って聞いたんですよ。お母さんが僕のアドバイスを聞いて、それを息子さんに伝えたところで“やらせている感”が出るから、結局は息子さんにとってはいい選択なのかな? と思いまして。そしたら承諾しているけど、直接僕に聞くのが恥ずかしいから、お母様伝いで依頼してきたそうなんです。その後「いつでも相談にのるんで、その気になったら息子さんから連絡ください」ってLINE教えたんですけど、全然連絡ないですね。結構、悲しくなりました。


12

「東大生に50円の価値もない」月給1,500円!? 高野りょーすけが“日本の最高学府”東京大学を飛び出したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

「おっさんレンタル」「レンタル彼女」……と物に限らずありとあらゆる体験が“レンタル”でき...
写真