日刊サイゾー トップ > 芸能  > ベッキー「自虐」が逆効果に

“完全復帰”遠いベッキー、「多少の自虐」も逆効果に!? お茶の間を納得させるには……

 完全復帰遠いベッキー、「多少の自虐」も逆効果に!? お茶の間を納得させるには……の画像1

 タレントのベッキーが、不倫問題以降、完全復帰できずにいる。イベントや深夜番組、地方局の番組からは声がかかるものの、レギュラー出演していた全国放送の主要番組には敬遠され続けている。

 以前、ベッキーがMCを務めていた情報番組『にじいろジーン』を制作している関西テレビは「現状のところ、ベッキーの復帰はない」と明言。さらに『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)などへの復帰のメドは、まったく立っていない。

 その理由について、芸能関係者は「ネットなどではベッキー批判がいまだに根強く、制作側が二の足を踏んでいるのが現状です」と解説する。

 ベッキーは先日、ラジオでの公開収録で「以前、番組(『イッテQ!』)の企画でひとりオーケストラをやって、クラリネットの響き吹き加減がよかった」と、最近クラリネットを始めたことを明かした。ところが、その直後、「『イッテQ!』への復帰をアピールしているのか」などとネット上で炎上した。

 前出の芸能関係者は「何を言っても、何をやっても、批判のターゲットになってしまっている状態です。こうなった以上は、すべてをさらけ出すしか、生き残る道はありません。イベントでは、多少の自虐トークこそするものの、不倫問題の核心を話さずにいるので、むしろ逆効果になっている。その背後では、ベッキーについている女性マネジャーが発言をコントロールしているともいわれていますが、これからは『ゲスの極み乙女。』『川谷絵音』というフレーズを出したり、不倫のいきさつなどについて話したりするくらい振り切ってしまわないと、お茶の間は納得しませんよ」と話す。

 芸能界で生き残るために、どんな戦略を採っていくのか――。ベッキーは今、正念場を迎えている。

最終更新:2017/03/28 12:00
こんな記事も読まれています

“完全復帰”遠いベッキー、「多少の自虐」も逆効果に!? お茶の間を納得させるには……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

タレントのベッキーが、不倫問題以降、完全復帰できずにいる。イベントや深夜番組、地方局の番...
写真