日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・渡瀬恒彦さんの後釜は?

「ギャラは水谷豊より上だった」自分にもスタッフにも厳しかった渡瀬恒彦さん、その後釜は……?

「ギャラは水谷豊より上だった」自分にもスタッフにも厳しかった渡瀬恒彦さん、その後釜は……?の画像1東映マネージメント公式サイトより

 今月14日に多臓器不全で亡くなった俳優・渡瀬恒彦の遺作となった二夜連続ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系)の第一夜の平均視聴率は15.7%、第二夜は13.1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことがわかった。

「撮影は亡くなる1カ月前まで行われていたそうです。渡瀬さんは、兄・渡哲也さんに比べてコンスタントに仕事をしていましたし、自分にもスタッフにも厳しいことで有名でした。そのため、昔一緒に過ごした叩き上げの助監督たちは、相当悲しんでるようです」(テレビ局関係者)

 十津川警部に代表されるような2時間ドラマにも、数多く出演していた渡瀬。

「演出に関しても『なぜ、この演出なのか?』という問いに答えられない人はボロカスに言われてました。その分、ちゃんと理にかなった演出する監督には、全幅の信頼を寄せてましたね。実際、渡瀬さんのギャラは、あの水谷豊さんよりも高かったですから。それもご本人はわかっているから、ギャラ以上の仕事を、ということで、若手の教育もやっていたようです」(芸能事務所関係者)

 渡瀬亡きあと、東映も次の柱を探さなければならない。

「水谷さんの『相棒』(テレビ朝日系)は別として、渡瀬さんのポジションには内藤剛志さん、内野聖陽さん、上川隆也さんの名前が挙がっています。実績からいうと内野さんが後釜になるんでしょうけれど、彼は舞台をやることも多いので、今は上川さんが最有力候補のようです。とりあえず、彼のシリーズ作『遺留捜査』(テレビ朝日系)を、東映とテレビ朝日はプッシュしていく方向のようですよ」(番組スタッフ)

 東映とテレビ朝日の判断やいかに──。

最終更新:2017/03/29 06:00
こんな記事も読まれています

「ギャラは水谷豊より上だった」自分にもスタッフにも厳しかった渡瀬恒彦さん、その後釜は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

今月14日に多臓器不全で亡くなった俳優・渡瀬恒彦の遺作となった二夜連続ドラマスペシャル『...
写真