日刊サイゾー トップ > 芸能  > ともさかりえは「面倒くさい女」

略奪婚から6年半で破局……「浮き沈みが激しすぎる」ともさかりえの“面倒な女”度

 彼女を知る芸能関係者によると「何しろ、ともさかは面倒な女。いいときは有頂天になり、一度何かで悩みだすと止まらなくなるタイプで、両極端」だという。

 実際、あるときは元夫の河原とスネオヘアーの2ショット写真をブログに載せ、3人で食事をした話も書いて良好な関係をアピールしていたが、この2年近くはブログでスネオヘアーについてほとんど触れることがなくなり、結婚当初のノロケ路線は消えていた。

「ともさかの不安定な精神状態を緩和するのが女友達の役目で、ミュージシャンの椎名林檎やママ友なんかのアドバイスに従って、気を取り直したりしていたところ、今回は信頼する女友達から『別れたほうがいい』と背中を押されたらしい」と関係者。

 過去に拒食症だったこともあり、激ヤセが心配された不安定な時期もあったともさか。関係者からは「浮き沈みが激しいので、またそのうち『運命の人が現れた』なんて言いだしてもおかしくはない。」という話も聞かれたが……。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/03/31 13:37
12
こんな記事も読まれています

略奪婚から6年半で破局……「浮き沈みが激しすぎる」ともさかりえの“面倒な女”度のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

女優のともさかりえが一部スポーツ紙の報道を受け、3月29日のブログで昨年末にミュージシャ...
写真