日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川谷の自粛終了に「毒きのこ!」

川谷絵音の自粛終了に「引っ込め、毒きのこ!」、後ろ盾はタモリの事務所!?「『Mステ』復帰も……」

 ベッキーやほのかりんとのスキャンダルで脚光を浴びてしまったゲスの極み乙女。及びindigo la Endの川谷絵音のSNSが、またまた炎上している。

 2つのバンドは先月31日、今月1日付でレコード会社・ワーナーミュージック・ジャパンとマネジメント契約を結び、5月から順次活動を再開させると発表。ゲスの極み乙女。は、発売延期となっていた3rdアルバム『達磨林檎』を5月10日にリリースし、同日には発売記念ライブも開催するという。

 同レコード会社は、早すぎる再始動に「川谷も反省しており、アルバムを温度感があるうちに届けたかった」と説明。2日には、ゲスの極み乙女。の公式Twitterに「今日4/2でメジャーデビュー3周年になりました。久々に4人集合」とメンバーの集合写真が投稿された。

 ボーカルの川谷といえば、当時未成年だった恋人のタレント・ほのかりんと共に飲酒した責任を取り、昨年12月3日のツアーファイナルを最後に無期限の休止へ。休止前のライブでは、「2018年ぐらいにね、よくない、いいんじゃないフラッシュ浴びたいよね」と活動再開時期を示唆するような発言をしていたが、予想よりはるかに早い復帰となった。

「自粛するとしながらも、予定していたツアー日程は最後までこなし、自粛期間に入る前から復帰後のことばかり語っていた川谷ですが、要は自粛などではなく、ただの移籍準備期間だったということ。復帰後は、“芸能界のドン”率いる田辺エージェンシーのグループ会社がバックアップすると見られており、各テレビ局にはすでに『移籍をネガティブに扱わないように』とのお達しがあった模様。しかし、ネット上では案の定、川谷へのバッシングが再燃しています」(芸能記者)


12
こんな記事も読まれています

川谷絵音の自粛終了に「引っ込め、毒きのこ!」、後ろ盾はタモリの事務所!?「『Mステ』復帰も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...…
写真