日刊サイゾー トップ > 芸能  > ベッキーぶっちゃけで完全復活へ
本日のオフレコ!

ベッキー「ぶっちゃけ」で完全復活へ!? イベントでマスコミ相手に“不倫トーク”試し打ちのしたたかさ

ベッキー「ぶっちゃけ」で完全復活へ!? イベントでマスコミ相手に不倫トーク試し打ちのしたたかさの画像1

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動による活動自粛を経て、ファッション誌やテレビなどで露出が増えてきているタレント・ベッキー。

 そんなベッキーが4月27日、LINEのゴールデンウィークキャンペーン発表会に登場したが、現場では、したたかな一面をのぞかせる瞬間があった。

「ベッキーとLINEといえば、川谷とのLINEのやりとりが『週刊文春』(文藝春秋)に掲載され、活動自粛を余儀なくされるきっかけのひとつになった因縁の仲。しかし、昨年12月にLINE側がベッキーを年末年始キャンペーンに起用し、不倫騒動後初のCM出演として話題になりました。これは単発だと思われましたが、今回も起用ということで、同社の舛田淳取締役CSMOは『ベッキーさんは私どもの幸運の女神でもあります』と、前回のキャンペーンが好反応だったことをうかがわせ、『最近、ベッキーさんの勢いは非常にすごいですよね。その勢いを借りて、盛り上げていただければ』と、えらく持ち上げていましたね」(ワイドショー関係者)

 ベッキーは、昨年LINEを再インストールし直したそうで、こんなやりとりも。

「友達を10人ほど登録しているそうですが、司会から『芸能人の方はいますか?』と聞かれた際に、『ほぼいないんですよ、芸能人はいないんですよ。すみません。深い意味はないんですけど‥‥』と、暗に不倫騒動をネタにしたコメントしたんです。そこで場内のマスコミから笑い声が上がると、ベッキーは『よかった。みなさんが笑ってくれてホッとしました』と、狙ってやっていた様子を見せていました。今後もこういった感じで、マスコミの前でネタ小出しにしていき、どこまで言っていいのか見極めるようなスタンスを取るつもりなのかもしれません」(同)

 実際に、「記者たちの間で『やっと笑いごとになってきたのか』という声もあり、矢口真里のようにぶっちゃけ路線も行けるのでは?」(同)とか。

 今後、ベッキーは、どんなキャラ付けをしてくるのだろうか?

最終更新:2017/05/02 11:24
こんな記事も読まれています

ベッキー「ぶっちゃけ」で完全復活へ!? イベントでマスコミ相手に“不倫トーク”試し打ちのしたたかさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動による活動自粛を経て、ファッション誌やテレビなど...
写真