日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小出恵介“ヤリチン”のワケは紗栄子

無期限活動停止の小出恵介が“ヤリチン”になったのは「紗栄子の裏切り」が原因だった?

無期限活動停止の小出恵介がヤリチンになったのは「紗栄子の裏切り」が原因だった?の画像1

「相手の方のお気持ちを察するに、お詫びしてもしきれません」

 6月9日発売の「FRIDAY」(講談社)が、俳優・小出恵介が17歳の女子高生との「飲酒&SEX」に及んだことを告発。報道の前日、所属事務所は芸能活動を無期限停止することを決定し、小出も謝罪コメントを発表した。

 10日から放送される予定だった小出主演の連続ドラマ『神様からひと言 ~なにわ お客様相談室物語~』(NHK総合)もお蔵入りになり、出演予定のあった作品も軒並み放送中止となる見込みだ。一部報道によると、賠償金額は億単位にも上るという。

 小出といえば、これまでも有名女優たちと何度も浮名を流してきたモテ男。業界内では好青年として知られているが、女性には手の早いことでも有名だったという。

 そんな小出の“下半身癖”について、スポーツ紙の芸能デスクは「“あの件”がトラウマになっているのではないか」と言う。

「小出は2006年にドラマ『おいしいプロポーズ』(TBS系)で共演した紗栄子と意気投合し、交際に発展。ところがその後、小出は紗栄子と連絡が取れなくなったのだとか。そのうちに紗栄子とダルビッシュ有との交際が発覚し、そこで彼は二股をかけられていたことに気づいた。そのことが原因で、一時は女性不信に陥ったそうです。その反動で、立ち直ってからは“ヤリチン”に変身してしまった」(同)

 紗栄子と破局した小出はその後、ドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で共演した水川あさみと交際したが、“一途な愛”ではなかったようだ。

「『週刊文春』(文藝春秋)で小出のセックスフレンドが『水川の赤い下着が干してあった』など生々しい告白をしています。2013年には、舞台で共演した泥酔した宮沢りえを介抱している姿を週刊誌にキャッチされてもいます」(芸能記者)

 小出の淫行報道を知った元カノたちは、何を思うだろうか?

最終更新:2017/06/11 06:00
こんな記事も読まれています

無期限活動停止の小出恵介が“ヤリチン”になったのは「紗栄子の裏切り」が原因だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

「相手の方のお気持ちを察するに、お詫びしてもしきれません」 6月9日発売の「FRIDAY...
写真