日刊サイゾー トップ > その他  > 『東京喰種』の大ヒットは「アニメのおかげ」
【おたぽる】

石田スイ氏『東京喰種』の大ヒットは「アニメのおかげ」!? 実写映画には松竹の期待がかかりまくり状態!?

石田スイ氏『東京喰種』の大ヒットは「アニメのおかげ」!? 実写映画には松竹の期待がかかりまくり状態!?の画像1映画『東京喰種 トーキョーグール』公式サイト

 7月29日に公開を迎える実写映画『東京喰種 トーキョーグール』(集英社/以下、『東京喰種』)。

 原作は2011年から「週刊ヤングジャンプ」(同)にて石田スイが連載をスタート。14年にTVアニメ化、15年に第2期シリーズも放送。同年には舞台化、さらに今月は続編が上演予定で、原作コミックは累計発行部数2,200万部を突破した人気作だ。

 それだけに昨年実写映画化が発表された際には、賛否両論の声が挙がったが、主人公・カネキ役の窪田正孝のキャラクター画像が解禁されると「めっちゃカネキ君じゃん!」など、原作ファンの支持者も増加(参照記事)。一方でヒロイン・霧嶋董香役の清水富美加が所属事務所を離脱したりと、公開までに紆余曲折があった『東京喰種』。

 そんな本作のキックオフイベントが今月2日に開催されたのだが、さまざまな“大人の事情”が垣間見える場にもなっていたという。

「イベント冒頭、プロデューサーの永江智大氏が、『カネキくんの等身大の姿に心を打たれるものがありました』と原作を読んで感動したこと、『ぜひ実写化したいという気持ちが日々高まって、プレゼンさせていただいていて』と、実写化に至る経緯を熱く語っていました。

 本作は松竹が自社企画・制作・配給を一手に務めた作品ですが、同席していた同社の大角正常務は、『映画興行界の全体のなかで1つのポジションを得たいと思っています』『いま松竹の目標にしているのは本年度の邦画のベスト5に入ることを狙っています』と、かなり『東京喰種』に期待をかけているようでした。公開前からすでに23カ国での上映決定もしているそうなので、この強気発言の元になったのかもしれません」(ワイドショー関係者)

 それだけの期待を背負っているだけに、“お金”がかかっている感じが伝わってくるようなこともあったそうで……。


12
こんな記事も読まれています

石田スイ氏『東京喰種』の大ヒットは「アニメのおかげ」!? 実写映画には松竹の期待がかかりまくり状態!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真