日刊サイゾー トップ > その他  > 「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ?
【おたぽる】

「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ? 大人が足を止めたのはやっぱり『ラピュタ』!?

「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ? 大人が足を止めたのはやっぱり『ラピュタ』!?の画像1「東京おもちゃショー2017」公式サイトより

 日本中からオモチャが一堂に集まり子どもから大人まで楽しめる「東京おもちゃショー2017」が6月1日から4日までの4日間東京ビッグサイトで開催!

 今年も商談見本市といわれるBUYER’S DAYS(1日と2日)と、一般公開のPUBLIC DAYS(3日と4日)が行われたが、PUBLIC DAYSの3日に、「東京おもちゃショー2017」を訪れ、大勢の家族連れたちに交じって楽しんできたので、ざっくりと感想をまとめてみたい。

 まず全体をざっと歩いてみたところで感じたのは、去年までは会場内を歩けば、あちこちで見かけたドローンやVR関連のグッズが、やや少なかったこと。会場の大通りを歩いてみても、それらを大々的に展開しているようなブースをあまり見られなかった。

 とくにVRは、昨年はニュースなどで“VR元年”とよく取り上げられていたものだが、今年は会場中央にあった「日本おもちゃ大賞2017」の受賞商品の紹介コーナーにも、VR関連の商品は入っておらず、オーソドックスなキャラクター商品が多かった。

 言うほどユーザーの間では盛り上がらなかったのだろうか……。VRのヘッドセットの売上げが伸び悩んでいるという記事もネット上では散見される。かつて任天堂が発売していた「バーチャルボーイ」と同じ道筋を辿ってしまわないか、気になるところではある。

 一方のドローンは、「ニッコー」(NIKKO KYOSHO EGG)のブースがすごく頑張っていた。ドローンの操作性や搭載カメラの精度は高まっていく一方で、臨場感ある空撮映像が撮れることには驚いたし、面白い。ドローンはおもちゃとしても、グッズとしてもまだまだポテンシャルを秘めているなと思う。今後のさらなる新商品も楽しみだ。

 そのVRやドローンに代わり目立っていたのが、すでに存在する商品にスマホなどを連動させる、という方向にシフトした商品。たとえば「バンダイ」ブースで見かけた「360度恐怖体感 脱出!おばけ屋敷ゲーム」はボードゲームにスマホを連動させたもの。

 ボードゲーム内のイベントとして、スマホでおばけ探索するアドベンチャーパートがあり、恐怖体験までできてしまう(状況に応じた、怖い映像などが用意されている)という、大人でも楽しめそうな凝った作り。しかもお値段も3,980円(税抜き)と意外とお手頃だ。

12

「東京おもちゃショー」雑感:VR関連は尻すぼみ? 大人が足を止めたのはやっぱり『ラピュタ』!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真