日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『フラ恋』のご都合主義

綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」

 と、ここまで脇役やサイドエピソードばかりの話になってしまいましたが、今回はようやくヒロイン・継実ちゃんにも見せ場が訪れました。これまで継実ちゃんは大したセリフも役割も与えられず、とことん冷遇されてきました。そして今回も、たった1シーンだけで再び冷遇されることになります。

 継実ちゃんは、「もう一度ラジオに出る」と言い張る怪物の手を引いて駆け出し、怪物に「一緒に逃げましょう」と言います。

「森へ帰りましょう、一緒に」

 そして、ずっと怪物の心の支えだったラジオ番組のテーマソング「天草に聞け」を「継実に、聞け」と替え歌にして、怪物と共に生きる決意を明かします。感動的です。二階堂ふみ、ホントにかわいいです。私も、ずっと二階堂ふみと森で暮らしたいと思える素晴らしい芝居です。でも、心配になります。この人、脳の病気でクスリを常用しているはずだし、そもそも森で何を食って生きていくつもりなのか……。

 心配する必要はありませんでした。継実ちゃん、その場で都合よく頭痛くなって倒れちゃいます。こうしたご都合主義も、本作の特徴です。最初から、この脚本家にとって「森で暮らす」という選択肢はないんです。「森で暮らすって言わせても、病気で倒せば進行に異状なし」と決め込んで書いてるんです。

 なんだかね、脚本が芝居を裏切っている感じがヒシヒシと伝わってきて、悲しくなりますよ。特に継実ちゃんに対しては、ちょっと扱いが雑すぎるんじゃないかと思います。川栄李奈が複雑な心情を持った役を与えられてイキイキと演じているのと対照的で、二階堂ふみの女優としての才覚が誤解されてしまいそうなくらいです。

 ともあれ、第2幕は今回だけでおしまいのようです。予定ではあと2話ですが、SFとしてはガバガバのくせに伏線を張りまくっているし、都合よく怪物の記憶も戻ったので、ここからは第3幕の解決編に向かっていくことになるのでしょう。次回は、120年前の怪物とサキさん(二階堂ふみ/二役)を振り返るようです。とりあえず、過去を演じる2人のお芝居だけを楽しみに、ちょうどいいテンションで待ちたいと思います。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2017/06/12 20:00
12

綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

綾野剛演じる“怪物”が山から降りてきて、とびきりキュートなドタバタラブコメディを繰り広げ...
写真