日刊サイゾー トップ > その他  > アヌシーで『夜明け告げるルーのうた』がグランプリ!
【おたぽる】

アヌシーで『夜明け告げるルーのうた』がグランプリ、『この世界の片隅に』が審査員賞授賞! 一方、ザグレブでも日本の作品が授賞を?

アヌシーで『夜明け告げるルーのうた』がグランプリ、『この世界の片隅に』が審査員賞授賞! 一方、ザグレブでも日本の作品が授賞を?の画像3画像:「サイエンスSARU」公式サイトより

 ちなみに『夜明け告げるルーのうた』など、最近の湯浅監督作品ではスタッフ募集を兼ねて制作に「Flash」の使用を謳っている。湯浅監督が「Flash」を覚える機会を得たのは、10年にフランスのアニメーション制作会社・アンカマの日本支社(14年撤退)が出来た時だった。そして13年、湯浅監督は制作スタジオ・サイエンスSARUを設立。

 日本での「Flash」は「Flash黄金時代」「おもしろフラッシュ倉庫」や『秘密結社 鷹の爪』(監督:FROGMAN)など、ネタ作品や「カットアウト」的な手法のイメージが強いものの、海外では普通に作画ソフトとしての利用も多い。アカデミー賞の長編部門でも14年に『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』(監督:バンジャマン・レネール、ヴァンサン・パタール、ステファン・オビエ)がノミネートされた。

 現在「Flash」の最新バージョンは「Animate」と名を変えている。アニメの制作だけでなく、アプリの開発やコンテンツ配信など様々に利用されてきた「Flash」だが、図らずして、もともと『マインド・ゲーム』(04年)などで評価の高かった湯浅監督が、アニメ業界界隈における「Flash」の“意識改革”や“地位向上”を担う格好になっているのも興味深い。
(取材・文/真狩祐志)

■アヌシー国際アニメーション映画祭
https://www.annecy.org/

■ザグレブ国際アニメーション映画祭
http://www.animafest.hr/

■サイエンスSARU
https://www.sciencesaru.com/

最終更新:2017/06/20 07:15
12
こんな記事も読まれています

アヌシーで『夜明け告げるルーのうた』がグランプリ、『この世界の片隅に』が審査員賞授賞! 一方、ザグレブでも日本の作品が授賞を?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...…
写真